劇団四季「ライオンキング」がロングランを続けられる理由とは?

劇団四季のミュージカル「ライオンキング」は観客動員数が1,000万人を超え、これまで東京・大阪だけでなく名古屋・福岡・札幌などでも上演されてきました。なぜ「ライオンキング」は長く人気を維持できているのでしょうか?

日本がほこる劇団四季のミュージカル。劇団四季で最も有名な作品の1つであるライオンキング」は観客動員数が1,000万人を超え、これまで東京・大阪だけでなく名古屋・福岡・札幌などでも上演されてきました。

また現在は東京と大阪でロングラン上演中。上演回数が多いにも関わらず、連日多くの観客が劇場に足を運び、席も争奪戦。その人気は衰えを知りません。

なぜ「ライオンキング」は長く人気を維持できているのでしょうか?

初心者もリピーターも変わらず感動できる劇団四季「ライオンキング」

劇団四季のミュージカル「ライオンキング」は公演回数が1万回を超えていますが、長く親しまれているのはリピーターも初心者も楽しめる魅力満載の作品であるということが言えるからでしょう。

初観劇の人が「引き込まれて思った以上にハマる」とコメントし、数十回観劇しているという人も「いつも感動でウルウルしてしまう」と感想を述べています。また小学校低学年くらいの男の子が観劇後にキリッとした表情になっているなど、観ることで大切なことを学び成長できる舞台でもあるようです。

そんな舞台の感動を演出しているのは歌が上手いキャストたちによる素晴らしい歌唱。それは初観劇という人からも「歌を聞いて鳥肌が立った」「生歌とは思えないほど整っており、テープかと疑うほど」といった声が聞かれるなどレベルの高さが伺えるものでした。「ライオンキング」は初観劇の人に強烈なインパクトを残し、何度見ても感動を味わえる名作舞台であると言えるのではないでしょうか。

劇団四季「ライオンキング」は、細部に玄人を唸らせるクオリティが光る

劇団四季の「ライオンキング」が多くの人の支持を得ているのは、数々の舞台を観てきた目の肥えた観客を満足させることが出来ているからです。

目の肥えたベテラン四季ファンたちや一流のエンターテイナーたちが、「ライオンキング」を観て

  • ・光・影・役者を活かして自然にシーンを変える
  • ・豪華なセットを使った観客の視線誘導の上手さ
  • ・セリを有効活用しステージを広く奥行きがあるように見せる

という部分などに関して「舞台演出の勉強になる」と、高評価していることからも頷けます。細部にも力を入れ、玄人を唸らせることが出来ているのも「ライオンキング」の魅力なのです。だんだんと見慣れてきたら、こうした細部にも注目してみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。