即日完売!落語家・立川談春の独演会の魅力とは?

埼玉県で育ち地元戸田競艇に足を運び、競艇選手を目指したこともある落語家・立川談春。 そんな立川談春は、落語家としてどのような魅力があるのでしょうか。

埼玉県で育ち地元戸田競艇に足を運び、競艇選手を目指したこともある落語家立川談春

その後は師匠・立川談志に憧れて落語の世界に足を踏み入れ、国立演芸場花形演芸大賞など各賞を受賞する名落語家へ成長しました。またドラマやエッセイなど様々な分野で活躍し、落語家の枠を超えて知られる存在です。

そんな立川談春は、落語家としてどのような魅力があるのでしょうか。

落語家・立川談春の落語は、師匠も絶賛する高い技術を堪能できる!

人気ドラマに登場し、競艇中継などにも度々出演するなど多彩な活躍を見せている立川談春。その本職は落語家であり、その独演会は面白さと彼の高い知名度が相成ってほぼ即日完売という人気ぶりです。

そんな立川談春は古典落語の上手さに定評があり、「包丁」という演目は師匠の立川談志が「俺よりうめぇな」と絶賛するほどのでき。この「包丁」は難しい演目として有名で、そんな演目で大落語家からこれだけの評価を受けているところに彼の技術の高さが垣間見ることができます。

落語家・立川談春の独演会ではそんな彼の技術の高い落語を堪能しましょう。

落語家・立川談春の落語は初めての人にも分かりやすい!

立川談春の落語は、あまり落語を観たことのない観客にとって分かりやすいものだと評判です。

それは演目によってはクライマックスの部分で、現代語を織り交ぜて表現しているから。そうすることによって重要部分の印象度が増し、観ているお客に対しての訴求力が強まるというわけです。

落語に現代語を混ぜる方法はやや異色ですが、立川談春が競艇番組出演やドラマ出演など様々な活動をしているからこそ、身に付いた感覚なのかもしれません。彼の落語は初めての人でも楽しめるのです。

落語家・立川談春の落語は、「笑い」あり「涙」ありの良質なエンターテイメント

落語家・立川談春の独演会に足を運んだ人から聞かれることは、とにかく楽しいということ!

「旬な話題が満載で、大笑いし、ときには泣きました」
「笑えるところが多かった」
など、彼の落語を堪能したという声が多数寄せられています。

ストーリーテラーとしての落語ではなく、落語というメディアを通して良質のエンターテイメントを提供していると言ってもいいかもしれません。

落語に馴染みのない人にとって、落語は難しい言い回しが多そう、古典を知っていなければわからないのでは?という不安はつきもの。しかし、その点をエンターテイメントに昇華しているのが、彼の落語の特徴だと言えるのではないでしょうか。

立川談春の他のオススメ記事

落語界のエンターテイナー落語家・立川談春の独演会を堪能しよう

このように落語家・立川談春は落語家としての実力はもちろん、その様々な経験を活かし多くの人を楽しませるエンターテイナーであることが分かります。チケットキャンプ(チケキャン)では、そんな落語家・立川談春「独演会」のチケットを取り扱い中。玄人も初心者も楽しめる彼の落語を堪能してくださいね。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

立川談春 独演会

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「演劇・舞台・ミュージカル定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。