劇団四季「美女と野獣」に出演する魅力的な名優陣を徹底紹介

劇団四季「美女と野獣」は今年の1月17日まで仙台で上演し、3月から6月まで福岡での上演が決まっています。俳優たちの素晴らしい演技が観られる、限られたチャンスを見逃さないでくださいね。では、今回の舞台に出演するのはどのような人たちなのでしょうか。

【NEW!美女と野獣のバラに込められた意味とは?】

劇団四季人気ミュージカルである美女と野獣」は今年の1月17日まで仙台で上演し、3月から6月まで福岡での上演が決まっています。俳優たちの素晴らしい演技が観られる、限られたチャンスを見逃さないでくださいね。

では、今回の舞台に出演するのはどのような人たちなのでしょうか。

劇団四季「美女と野獣」のビーストを演じる情熱俳優:北澤裕輔

劇団四季「美女と野獣」で主人公・ビースト役を演じるのは「ライオンキング」「オペラ座の怪人」「ウィキッド」など同劇団の北澤裕輔。

国立音楽大学出身で、オペラ歌手の養成に長けた二期会オペラ研修所に所属していたこともあるなど歌に関する基礎がしっかりしています。そのため舞台上ではキレイで伸びのあるスケールの大きな歌声が響き渡ります。

また今回のビーストを演じる上で深い作品の世界観と、ビーストの思いを考え感極まって号泣し稽古で歌えなくなるという一幕もあったようです。

今作に情熱を傾け、思いのこもった歌を聞かせてくれる彼のビーストには大注目です。

劇団四季「美女と野獣」でベルを演じる親しみやすい女優:苫田亜沙子

劇団四季「美女と野獣」でヒロイン・ベル役を演じるのは、「ウィキッド」「ウェスト・サイド物語」などに出演してきた苫田亜沙子です。

幼いころからピアノや声楽に親しみ、芸大で声楽を専攻してきました。そのような下地だけでなく劇団四季入団後は「母音法・呼吸法・フレージング法」を教わります。また「公演当日ベストコンディションでないとキャストが変更になる」など、厳しい同劇団の中で揉まれ成長をしてきました。

ただ阪神タイガースの大ファンであり甲子園ではユニフォームを着て応援するなど、親しみやすく明るくてそれでいてキュートなキャラクターを持っています。

今作でもそんな彼女の経験とキャラクターが活かされるでしょう。

劇団四季「美女と野獣」でガストンを演じる美声の貴公子;髙橋基史

劇団四季「美女と野獣」でガストン役を演じるのは、「リトルマーメイド」でトリトン役を演じた髙橋基史。

彼はファンの間で「美声の貴公子」と呼ばれている劇団四季を支える名優のひとり。端正な顔立ちとスタイルの良さを誇り、その美声や活かした歌唱力がファンの心をつかんでいます。またトリトン役では魅力的な低音で聞かせ、ガストン役ではユーモアでチャーミングな立ち振る舞いが出来るなど演技の幅の広さも魅力です。

そんな彼の表現力を劇場で堪能してみてはいかがでしょうか。

劇団四季「美女と野獣」の他のオススメ記事

劇団四季「美女と野獣」の劇場で感じる魅力

このように多くの観客を夢の世界に誘う、幻想的な舞台を造り上げるためには彼らのような素晴らしい俳優たちの存在がポイントとなっています。良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)では、そんな劇団四季俳優たちの名演技が光る美女と野獣」のチケットを取り扱い中。劇団四季が誇る名優たちの奏でる美声や、感情がこもった素晴らしい演技を劇場で堪能してくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。