ミュージカル「DNA SHARAKU」で躍動する新鋭たち

舞台「DNA SHARAKU」は、私たちが持っている「創造する心」が否定され人工知能が支配する未来、江戸時代に活躍した謎の絵師・東洲斎写楽という。一見異なる題材を融合させた意欲的作品です。出演する新鋭はどのような人たちなのでしょうか。

舞台「DNA SHARAKU」は、私たちが持っている「創造する心」が否定され人工知能が支配する未来、江戸時代に活躍した謎の絵師・東洲斎写楽という。一見異なる題材を融合させた意欲的作品です。

また、舞台「DNA SHARAKU」はミュージカル初出演となる人気歌手ナオト・インティライミと、20歳の新鋭・小関裕太というW主演の二人だけでなく、新鋭・実力派・ベテランなど様々なタイプの出演者が顔を揃える舞台でもあります。

ミュージカル女優として活躍中の新妻聖子劇団四季出身の坂元健児、元宝塚歌劇トップスターの朝海ひかる。そして演劇界を背負うと言われる中川晃教、個性あふれるベテラン俳優イッセー尾形など様々なキャストが今作を盛り上げます。

そんな実力派が揃ったミュージカル「DNA SHARAKU」に出演する新鋭はどのような人たちなのでしょうか。

ミュージカル「DNA SHARAKU」に出演する急成長中の新鋭

ミュージカル「DNA SHARAKU」に出演する新鋭のひとりは、人気アイドルグループAKB48所属の田野優花

エキゾチックではっきりした顔立ちと、幼少期からダンススクールで鍛えた150センチという小柄な身長を感じさせないダイナミックなダンスが魅力です。また最近では見事に割れた腹筋でも取り上げられています。

そんな彼女は宮本亜門が演出した舞台「ウィズ~オズの魔法使い~」で主演を務めるなど、ミュージカル女優としての評価も高まっています。実力派・ベテランなど様々な俳優と共演する今作では、彼らから様々なものを吸収し成長していく彼女にも注目です。

ミュージカル「DNA SHARAKU」にアクセントを加える人気女装家

様々なキャストが出演するミュージカル「DNA SHARAKU」で一際異彩を放っているのが、女装家としてTV番組などで活躍するミッツ・マングローブ

有名キャスター徳光和夫を叔父に持ち、182センチの長身で存在感を示すミッツ。ただ舞台の演出やオムニバスCDの監修を行い、自らも歌手としてCDデビューするなど幅広い分野で才能を発揮しています。

今までもTVドラマやCM出演経験はありますが、今作が初舞台となります。そんなミッツが持っているマルチな才能や独特の存在感は今作に良いアクセントを与えるでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。