舞台「毛皮のマリー」で堪能する美輪明宏の世界

舞台「毛皮のマリー」は美輪明宏を主演として何度も上演されています。そして美輪と絡む「美少年」役を変えるなど、時代によって若干の変化が感じられる作品でもあるのです。今回はオーディションを行い決められるという「美少年」役。これまで一体どんな人が演じてきたのでしょうか。

舞台「毛皮のマリー」は美輪明宏を主演として何度も上演されています。そして美輪と絡む「美少年」役を変えるなど、時代によって若干の変化が感じられる作品でもあるのです。

今回はオーディションを行い決められるという「美少年」役。これまで一体どんな人が演じてきたのでしょうか。

また美輪明宏の本当の魅力とはどういった部分なのでしょう。

舞台「毛皮のマリー」に主演する美輪明宏の魅力

舞台「毛皮のマリー」で主演を務める美輪明宏について、昨今では「オーラの泉」など神秘的で不思議なイメージを持っている人が多いと思います。

ただそんな美輪明宏が真価を発揮するのが舞台です。その根底には川端康成・三島由紀夫などと対等に渡り合ってきた文学センスや、理解の深さと鋭さ。文学・芸術・演劇だけでなく絵画など芸術全般や風俗に関しての造詣の深さ。時代や社会背景を理解し、それらの知識を活用して全ての物事の本質を捉える観察力。これら様々なものがあります。

こういったところを根底として、観客に分かりやすく感動を伝えるエンターテイナーなのです。

今作「毛皮のマリー」はそんな美輪が何度も主演を行っている舞台。美輪の本当の魅力が存分に発揮される場となるでしょう。

スターを探す舞台「毛皮のマリー」のオーディション

舞台「毛皮のマリー」では、2016年春に上演に向けたキャストのオーディションを行います。

募集しているのは「美少年」「名もない水夫」「快楽の象徴・肉食男子」といった役です。とくに「美少年」役は主人公マリーの一人息子として、美輪明宏との絡みも多い重要な役どころ。過去にいしだ壱成・及川光博・武田真治などが演じており、その後の役者人生でも活きる貴重な経験ができる良い機会となるでしょう。

また他の役でも寺山修司の世界に触れ、美輪明宏と演技をすることは将来のためプラスになる経験ではないでしょうか。

「美少年」は16歳以上の男性、「名もない水夫」は25~50歳、「快楽の象徴・肉食男子」は18~35といった制限があります。

このようなオーディションを経てきた新星を舞台で観てみるのも良いでしょう。

舞台「毛皮のマリー」の制作者たちの関わりとは

舞台「毛皮のマリー」は寺山修司が美輪明宏をモデルに描いた作品。ただ寺山が美輪をモデルにした舞台はこれだけではありません。寺山が主宰した演劇実験室「天井桟敷」の第一回公演「青森県のせむし男」が、初めて寺山が美輪をモデルに描いた作品だと言われています。

当時美輪は銀座のシャンソン喫茶を中心に活動していたのですが、そのステージを見た寺山がその魅力に惚れ込んでいたそうです。そして劇団員でもない美輪に、彼をモデルに描いた舞台の出演依頼をしました。

それに出演した美輪は寺山が描いた世界を本人以上に理解し演じてきました。そのため寺山の作品がさらに輝きを増したということです。

稀代のエンターテイナーの魅力を堪能できる舞台「毛皮のマリー」

このように舞台「毛皮のマリー」は稀代のエンターテイナー・美輪明宏の魅力を味わえる舞台となっています。また彼と共演する「美少年」役にも注目が集まります。チケットキャンプ(チケキャン)では、そんな舞台「毛皮のマリー」のチケットを取り扱い中。美輪明宏が醸し出す深い世界を、舞台を堪能してくださいね。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

美輪明宏 主演 毛皮のマリー

アプリならプッシュ通知が届く「演劇・舞台・ミュージカル定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。