劇団四季「オペラ座の怪人」の世界中に親しまれた歴史を紐解く

国内のみならず世界30ヶ国、151都市で上演され、総観客動員数1億4,000万人以上と言われる「オペラ座の怪人」。 そんな「オペラ座の怪人」はどのような人によって作られ、どのような形で発表され続けてきたのでしょうか。

国内のみならず世界30ヶ国、151都市で上演され、総観客動員数1億4,000万人以上と言われる「不朽の名作、オペラ座の怪人」。

劇団四季「オペラ座の怪人」はミュージカルの名作として世界中で親しまれてきた作品です。

そんな「オペラ座の怪人」はどのような人によって作られ、どのような形で発表され続けてきたのでしょうか。

ユニークな経歴を持つ劇団四季「オペラ座の怪人」の原作者

オペラ座の怪人 (角川文庫)をAmazonでチェック!

劇団四季が行う舞台「オペラ座の怪人」の原作者は、フランスの小説家ガストン・ルルーです。

ただそんな彼は最初から小説家であった訳ではなく、弁護士資格を取得しその試補として働いていました。その知識を活かして法律や訴訟についての記事を書き、また劇評なども行う新聞記者として活躍。日露戦争やロシア第一革命などを取材し、中東に赴いたこともありました。

その後は怪奇物や推理物などを書く作家として活動を開始し、このフランス推理小説創世記には人気作家として高い評価を受けていました。「オペラ座の怪人」を発表したのは、人気を博していたこの頃だったといいます。

▶︎ オペラ座の怪人 (角川文庫)をAmazonでチェック!

世界各地で映画化されてきた「オペラ座の怪人」を劇団四季が演じる

オペラ座の怪人 [Blu-ray]をAmazonでチェック!

今度劇団四季が舞台で行う「オペラ座の怪人」は今まで何度も映画化されてきました。その最初となるのは、1916年に放映されたサイレントでモノクロだったドイツ映画でした。

その後は1943年にアメリカで、カラーの映画として上映されアカデミー撮影賞などを受賞。また1962年にイギリスで上映された作品が、日本語吹替となり金曜映画劇場で放送されました。1998年にはイタリアとハンガリーの合作映画として、イタリア・ホラー界の巨匠ダリオ・アルジェントの手によって映画化されています。

さらに記憶に新しいのは、ジェラルド・バトラーがファントムを演じた映画版。美しい音楽と壮麗な衣装はもちろんのこと、バトラーのファントムは「マスクを剥いでもイケメン!」と話題になりました。

このように「オペラ座の怪人」は時代を越えて、様々な所で描かれた作品なのです。

▶︎オペラ座の怪人 [Blu-ray]をAmazonでチェック!

劇団四季「オペラ座の怪人」の様々な解釈

劇団四季が舞台で行う「オペラ座の怪人」の原作となったガストン・ルルーの小説は、日本でもいくつかの出版社が翻訳し出版しています。

早川文庫のものは原作を忠実に再現したものなっており、角川文庫版では読者の想像力を働かせる必要がある作品。また光文社古典新訳文庫では、会話が自然な流れで書かれており読者にも読みやすいようです。

このように様々な解釈ができることも、今作の魅力のひとつではないでしょうか。

劇団四季の他のオススメ記事

劇団四季の解釈を楽しむ「オペラ座の怪人」

劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」は、このようにフランスの小説家が描いた物語を基に様々な解釈を受け、様々な形で発表されてきました。良席が手に入るチケットキャンプ(チケキャン)では、そんな劇団四季「オペラ座の怪人」のチケットを取り扱い中。劇団四季の解釈による本作の世界を劇場で堪能してください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。