劇団四季キャッツ大阪公演で阪神タイガースが優勝!?そのジンクスに迫る

大阪といえば、阪神タイガースですが、現在上演中の劇団四季『キャッツ』、13年ぶりとなる大阪公演に四季ファンだけでなく阪神タイガースファンも注目を寄せています。今回は、劇団四季『キャッツ』と「大阪」という場所との関係性、そしてその人気の理由についてみていきましょう。

【劇団四季『キャッツ』が大阪で上演!】

2011年11月に千穐楽を迎えたキャッツ横浜公演から4年。広島、仙台、静岡、福岡、北海道と各地で新たなファンを増やしてきたキャッツが、2016年夏から、大阪での上演が開始されています。

大阪での公演は実に13年ぶりということもあってファン大注目の公演となっています。2017年3月までの公演だった劇団四季『キャッツ』ですが、その人気のあまり早くも追加公演が決定し、2017年8月31日まで公演期間が延長し、観劇のチャンスがぐっと増えました。

各地を回って公演する劇団四季、『キャッツ』ならではの演出で、人気の理由の一つである「ご当地ゴミ」や、その週になるまで知ることのできない出演者まで気になることばかりの大阪公演。そして気になる「招き猫伝説」とは…。阪神タイガースとの関係は…?是非チェックして、劇団四季『キャッツ』をより楽しみましょう!

【世界中から愛されている作品『キャッツ』】

「キャッツ」はトニー賞7部門を受賞するなど高い評価を獲得し、日本も含め世界各地で公演され続けています。またブロードウェイのロングラン記録を持っていた時期もあり、日本でも劇団四季が約9,000回の上演をするなど多くの観客に愛され続ける舞台でもあると言えるでしょう。

登場するのが全て猫というミュージカルの常識を覆し、いつ観ても新しい発見を手にすることができる作品だと評されています。そんな劇団四季『キャッツ』の人気の理由に迫ります。

劇団四季「キャッツ」は個性的な猫たちが都会のゴミ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げるミュージカルです。24匹の猫たちがそれぞれの生き方を語り、天上に上り新しい人生を生きることを許される特別な猫を決める舞踏会がストーリーの中心となっています。

日本演劇界に新風を巻き起こした劇団四季「キャッツ」

現在では約9,000回の上演を行っている劇団四季の「キャッツ」ですが、そのスタートは1983年のこと。

新宿にネコを模ったキャッツ・シアターという仮設テントを作り、その中で公演が行われました。またこれは日本初のミュージカル公演用仮設劇場としても知られています。そしてこのような仮説テントを作った理由は「キャッツ」がミュージカルとして、

当時の日本演劇界の常識に収まりきれないほど大きなスケールを持っていたことでした。当時ブロードウェイのミュージカルはほとんど上演されていない状況でした。そんな日本に本場のミュージカルの風を吹き込んだという意味で、「キャッツ」は日本演劇界を変えた作品であると言えるのです。

劇団四季「キャッツ」は、エンターテインメント革新期にスタートした

劇団四季「キャッツ」が日本のキャッツ・シアターで初上演されたのは、東京ディズニーランドが開園し、ファミリーコンピューターの発売が開始された年。

つまり日本のエンターテイメントにとって様々な革新的出来事が起こった年でした。その年に上演された「キャッツ」の成功を機に、全国各地で上演され人気を博すこととなります。新宿の次に上演されたのは大阪。1985年という地元・阪神タイガース優勝の年に上演されたのです。

そこでも新宿同様に人気を博し、13か月で48万7,000人もの観客動員を記録しました。

個性的なデザインのシアターで目を引いた劇団四季「キャッツ」

劇団四季「キャッツ」は1983年に新宿で初上演され、次に1985年に大阪で上演。

それらはともに高い評価を獲得し、その後も全国各地で上演が続きます。1983年から1992年までの10年間で東京と大阪以外で、名古屋・福岡・札幌をまわります。そこで人々の目を引いたのは、漆黒の外壁に輝く猫の目という印象的なシアターのデザイン。

またその都市と文化によって装いを変えたそうです。また劇団四季が「キャッツ」の世界を表現するために開発した独自の技術を用いて、静岡・広島・仙台といった地方都市でも多くの観客動員に成功しました。

その土地に合わせた独自の演出というのが、劇団四季『キャッツ』が多くの人に愛され続ける人気の理由となっているのです。

【4度目の大阪、劇団四季『キャッツ』は梅田のハービスPLAZA ENTで上演中!シアターインシアターの手法に注目】

2016年の7月に開幕したキャッツ大阪公演。残念ながら専用劇場が建てられることはなく、これまでの地方公演と同じように劇場の中に劇場をひとつ作り込む、シアターインシアターの手法が使用されています。

このシアターインシアターの手法をとることによって、専用劇場でなくとも、劇場全体を『キャッツ』の世界に作り変える事ができ、客席をも巻き込んだ演出が可能となるのです。360度全部がキャッツの舞台である都会のごみ捨て場となり、そこに集まってくる猫たちをより身近に感じることができるようになります。

キャッツの特徴であり、人気の理由の一つとも言えるのがセットの素晴らしさ。都会のゴミ捨て場を表現する様々なゴミが猫の目から見た実物よりも3倍ほど大きくしたサイズでいたるところに積み上げられているのです。これは劇場へ行った方にはおなじみでもありますが、ぜひ初めての方にこそ体験いただきたい空間です。

『キャッツ』の人気の理由の、その土地ならではの「ご当地ゴミ」にも注目です。上演地にゆかりのある何かが、このゴミ捨て場に隠されているのです。今回のこの劇団四季『キャッツ』の大阪公演では、たこ焼き器や阪神タイガースの応援バット、阪神タイガースのマグカップ、関西ローカルの番組マスコットなど、客席に座っただけでも舞台を観て楽しめるというのが、大人から子供まで、長い間愛され続けている人気の理由なのでしょう。

そんなキャッツは、大阪ではこれまで3度上演されてきました。

1985年3月~1986年4月までの約一ヶ月間は、過去のキャッツでよく使用されていたテント形式の劇場、二度目の1992年7月から1993年9月ではキャッツ・ドームという名の仮設劇場が作られ、そこで上演されました。

その後2001年に、シアターBRAVA!(当時:大阪MBS劇場)で上演されたのを最後に、長く関西でキャッツ公演は行われていませんでしたが、ついに2016年の今年、大阪・梅田ハービスPLAZA ENTビル内にある大阪四季劇場にキャッツが到来!

大阪初演以来4度目の関西上陸にファンも大いに盛り上がっています。

【キャッツ上演で、「大阪」阪神タイガースが優勝するかもしれない!?】

キャッツとその上演地と、プロ野球チームの関係を聞いたことがありますか?

実は、劇団四季ミュージカルキャッツが上演された地域に本拠地を持つプロ野球チームが優勝する、というジンクスがあるんです。

1983年のキャッツ東京初演では読売ジャイアンツが優勝。1985年の初めての大阪公演の際には阪神タイガーズが日本一に。2013年の仙台公演では、楽天イーグルスが優勝からさらに日本一へ。さらに2014年には、4月から10月にかけて公演が行われた地、福岡の球団であるソフトバンクホークスが日本一になったこともあり、この「招き猫」ジンクスの確率は上がりつつあります。

2015年の札幌、北海道日本ハムファイターズは惜しくも優勝を逃してしまいましたが、シーズンの間首位争いを続け、健闘を見せていました。これまで上演されてきた約30年間で、キャッツはその上演地に本拠地を持つチームをリーグ優勝13回、日本一6回と導いてきたのです!

2016年の上演地は大阪。関西ということでまた、阪神タイガースの優勝にも期待され、劇団四季の『キャッツ』出演者が始球式を務めるも、今年の阪神タイガースの結果は伸び悩んでしまいました。しかし、劇団四季『キャッツ』の上演は追加公演が決まり2017年8月31日まで。もしかすると来年はこのジンクスが一役買ってくれるかもしれませんね。

ちなみに、余談ではありますが、劇団四季所属で、キャッツにもアスパラガス/バストファージョーンズ/グロール・タイガーと3役で出演する飯田洋輔さん、スキンブルシャンクス/ラム・タム・タガーの2役を演じる飯田達郎さんの兄弟俳優は、大の阪神タイガースファンということでも知られています。

2017年夏までの大阪での上演ということで、ますます阪神タイガースの優勝を期待したいところですね。

劇団四季『キャッツ』他のオススメ記事

【劇団四季『キャッツ』に出演する「大阪」出身キャストは?】

(出典:pixabayより)

2016年7月から始まった劇団四季『キャッツ』大阪公演。劇団四季公演では、キャストのスケジュールを発表しないこともあり、目当てのキャストを前もって知ることはできませんが、劇団四季の地方公演には、その地域出身俳優が多く出演することがあります。近年で、キャッツに出演したことがある俳優で言えば、コリコパット/ギルバートを演じる横井漱さん、マンゴジェリーを演じる斎藤洋一郎さん、今年デビューしたばかりのカッサンドラ役・山田祐里子さんなど…。

オーディションなどで門戸が広く開いていることもあり、団員達の出身も様々。ご当地キャストの多い舞台は、地元の熱気や気合いを感じることができます!久々の大阪での公演はこれまで以上に各地からも観に行きやすい立地ということもあり、注目度も高いこと間違いなし。2017年8月までの追加公演も決定した今がチャンスです。是非劇団四季『キャッツ』大阪公演をお見逃しなく!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。