個性的な「夢の劇 ドリーム・プレイ」を楽しむための事前知識

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」は、役者としても活躍する白井晃が構成・演出を務める精神世界を題材にした不思議な舞台です。かなり個性的な作品になると思われるこの舞台、楽しむためにはどのようなことを知っておく必要があるのでしょうか。

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」は、役者としても活躍する白井晃が構成・演出を務める精神世界を題材にした不思議な舞台です。

主演にはアイドル・グループ「ももいろクローバー」から卒業し、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」に出演するなど女優としてキャリアを積んでいる早見あかり。早見あかりの初舞台となります。

また、人気俳優・田中圭らも出演。台本は「容疑者Xの献身」などで有名な長塚圭史、振り付けはダンサーとして活躍している森山開次が担当しました。

かなり個性的な作品になると思われるこの舞台、楽しむためにはどのようなことを知っておく必要があるのでしょうか。

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」の原作者は、スウェーデンの奇才

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」の原作となった作品を手掛けたのは、1800年代後半に活躍したスウェーデンの作家ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ。

史劇・童話劇・ロマン的史劇など様々な作品を制作し、風刺小説「赤い部屋」で名声を得ました。

このように様々な作品を発表するだけでなく、オカルト研究家として金の製造研究も行っていたユニークな人物でもあったのです。

そんな彼だからこそ本作の原作となる精神世界を扱った作品を書くことができたのでしょう。本作ではそんな彼の世界観も堪能してください。

見るほどにはまる精神世界を取り上げた舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」は精神世界を取り扱った作品です。珍しい題材ではありますが日本でも様々なところで取り扱われています。

小説家では「ドグラ・マグラ」などで有名な夢野久作、妖怪や物の怪を描いた作品が多い京極夏彦などが有名です。またドラマでは「Dr.伊良部一郎」、映画では「空中ブランコ」などがあります。

一見すると意味を掴むのが難しいですが、何度も見ているうちに独特の世界観に惹かれるような作品が並んでいます。

本作もそのように見るほどに惹かれる、不思議な魅力を味わうことができるでしょう。

挑戦を続ける白井晃の舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」で演出を行う白井晃は、様々な舞台やドラマなどに出演した経験のある俳優としても有名です。

また父親が電気技師であることもあり電光板を作ったことがあるなど、枠に収まらない活動を続けてきた人でもあります。

そんな彼にとっても精神世界を取り扱った舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」は、先進的な挑戦となったことでしょう。そのため本作は、そんな白井晃の経験を基にした新たな挑戦を見届けることができるといった側面もあると言えます。

不思議な魅力を秘めた舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」を劇場で

舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」はこのように、スウェーデンの奇才原作の題材を先進的な魅力を持った白井晃が演出する作品です。チケットキャンプ(チケキャン)では、そんな舞台「夢の劇 ドリーム・プレイ」のチケットを取り扱い中。はまると抜け出せなくなる不思議な魅力を、ぜひ劇場で堪能してくださいね。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

夢の劇 ドリーム・プレイ

アプリならプッシュ通知が届く「演劇・舞台・ミュージカルチケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。