劇団四季「美女と野獣」を支えるプロフェッショナルな裏方

1740年にフランスで原作が誕生した「美女と野獣」。その作品のクオリティを支えているのが、演者はもちろんのこと、裏方陣のはたらき。今回は、あまり注目されることのない裏方にフォーカスしてみましょう。

1740年にフランスで原作が誕生した美女と野獣」。その後グリム童話やディズニー映画、テレビドラマやバレエなどの演目としても行われてきました。

劇団四季の「美女と野獣」は、そんな同作品の進化を体感できる舞台となっています。そして、その作品のクオリティを支えているのが、演者はもちろんのこと、裏方陣のはたらき。今回は、あまり注目されることのない裏方にフォーカスしてみましょう。

劇団四季の「美女と野獣」を支える裏方・大道具

劇団四季が発注している会社のひとつに「明和工芸店」があります。

同社は劇団四季に所属し、約15年舞台装置・大道具などの仕事をしてきた松元氏を代表としています。そのため、以前から四季の舞台演出を少しでも良くするためのチャレンジを重ねてきた、劇団四季の舞台演出を知り尽くしている会社です。

大道具は舞台の世界観を大きく印象付ける、大事な役割。このように裏方には、四季の舞台を支えるプロフェッショナルがいるのです。

劇団四季の「美女と野獣」を支える裏方・名作曲家

「美女と野獣」で流れる幻想的な音楽を作っているのは、作曲家アラン・メンケン

彼は劇作家ハワード・アシュマンとコンビを組み、「リトルマーメイド」「アラジン」などディズニー映画を彩ってきた名曲を世に送り出しています。また彼が作った曲は、広い意味で”冒険もの”と言える作品を彩ってきました。

ときには作品の幻想的な世界感を演出し、またあるときは子供の冒険心をくすぐるような音楽を作り続けてきたのです。そんな彼はディズニーアニメとして作られた「美女と野獣」でも作曲を担当。今回の舞台でも私たちを幻想的な世界にいざなってくれます。

劇団四季の「美女と野獣」を支える裏方・特殊メイク

劇団四季の舞台で目立つのは、出演者に施された見事な特殊メイク

言葉の通り「美女と野獣」を中心にした物語である本作でも、その特殊メイクは舞台に彩りを添えてくれます。そんな四季の特殊メイクを担っているのは、東京ビジュアルアーツ専門学校・特殊メイク学科の浅野覚仁氏

日清カップヌードルなどのCMでも特殊メイクを担当している彼が、四季のメイクアーティストにそのスキルを教えているため、四季の舞台のクオリティを上げる特殊メイクが生み出されているのです。

劇団四季「美女と野獣」の他のオススメ記事

劇団四季「美女と野獣」を支えるプロフェッショナルな裏方の技術にも注目!

幻想的な舞台を造り上げるのは演出家や役者だけでなく、彼らのような舞台を知り尽くしたプロフェッショナルの存在が欠かせないでしょう。良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)では、そんな劇団四季の舞台「美女と野獣」のチケットを取り扱い中。優れた職人たちが裏方として支える舞台を堪能してくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。