「劇団四季 「美女と野獣」の豪華な世界観で舞台を支えるプロフェッショナルな裏方をご紹介

現在、京都公演を開催中の「劇団四季 美女と野獣」。映画から抜け出したような野獣の姿や、豪華なお城の内部や物語を彩る舞台は圧巻。その作品のクオリティを支えているのが、裏方陣のはたらきです。今回は、「劇団四季 美女と野獣」の影の立役者、裏方の方々にフォーカスします。

【ロングラン公演中!「劇団四季 美女と野獣」の影の立役者「裏方」に注目】

1740年にフランス民話として誕生した「美女と野獣」。その後グリム童話やディズニー映画、テレビドラマやバレエなどの演目として上演されてきました。

中でもディズニー映画「美女と野獣」を基に舞台化された「劇団四季 美女と野獣」は、1995年の初演から約15年経った今も、愛され続ける作品になっています。「劇団四季 美女と野獣」は現在、京都会場で5月まで公演中です。

物語を通して描かれる主な舞台は、野獣の住む古城。姿をかえられてしまった野獣の主人公や、ベルの豪華なドレス、さらにはお城を彩る調度品の数々。キャストや演出などに加え、物語の世界観のクオリティを支えているのが、裏方陣の方々のはたらきです。

今回は、「劇団四季 美女と野獣」の世界になくてはならない、影の立役者である裏方にフォーカスを当てて紹介します。

【「劇団四季 美女と野獣」の舞台を支える裏方その1:大道具スタッフ】

「劇団四季 美女と野獣」の舞台の世界観を彩る、舞台装置やセットの制作を担当しているのが、大道具スタッフの役割です。

ベルが住んでいる町並みから、野獣の住む古城、ベルがさまよう森など、多くのシーンで使われるセットや舞台装置。「劇団四季 美女と野獣」で使われる舞台装置やセットの量は、11トンの積載量を誇る大型トラックの54台分もあります。

ディズニーが手掛けるミュージカルとあって、舞台装置やセットにもこだわりぬいた結果といえますね。さらにこの舞台装置やセットをくみ上げるには、手慣れた劇団四季の大道具スタッフでも、約3週間の期間が必要とのこと。

また「劇団四季 美女と野獣」の物語の中心舞台となる「野獣の住む古城」は、幅11mに高さ7mと巨大なセットで、重さは約10トン。長い期間をかけて、物語の舞台を作り上げる大道具スタッフの力によって、壮大な世界観は再現されているのです。

【「劇団四季 美女と野獣」の舞台を支える裏方その2:作曲スタッフ】

ミュージカルとなる「劇団四季 美女と野獣」で流れる幻想的な音楽を担当する裏方スタッフは、作曲家のアラン・メンケン。

彼は劇作家ハワード・アシュマンとコンビを組み、「リトルマーメイド」「アラジン」などディズニー映画を彩ってきた名曲を世に送り出しています。また彼が作った曲は、広い意味で”冒険もの”と言える作品を彩ってきました。

ときには作品の幻想的な世界感を演出し、またあるときは子供の冒険心をくすぐるような音楽を作り続けてきたのです。そんな彼はディズニーアニメとして作られた「美女と野獣」でも作曲を担当。

「劇団四季 美女と野獣」でも物語に沿った美しい音楽を支える裏方として、舞台でも私たちを幻想的な世界にいざなってくれます。

【「劇団四季 美女と野獣」の舞台を支える裏方その3:衣装スタッフ】

1995年にブロードウェイで初めて舞台化された「美女と野獣」。ディズニー映画での世界観を崩さない努力は、衣装にも現れました。

それは「劇団四季 美女と野獣」も同じ。物語のヒロイン・ベルの4着ものドレスをはじめ、古城の主である野獣、使用人など、豪華な衣装の数々があります。

衣装デザイナーであるトレイシー・クリステンセンは、ウエストサイドストーリーやスウィニー・トッドなどの名作の衣装を担当した経験者。

舞台に映える豪華な装飾を施したドレスに加え、物に変えられた使用人の衣装をユニークに再現しています。舞台を観に行った際は、ぜひ細かな装飾もチェックしてみてくださいね。

【「劇団四季 美女と野獣」の舞台を支える裏方その4:特殊メイクスタッフ】

「劇団四季 美女と野獣」では、他の舞台と違って、人間ではなく野獣の姿の主人公が登場するのが特徴的。野獣役を再現するのは裏方である特殊メイクスタッフです。出演者に施された見事な特殊メイク。

言葉の通り「美女と野獣」を中心にした物語である本作でも、その特殊メイクは舞台に彩りを添えてくれます。

劇団四季の公式チャンネルには、野獣役のキャストが特殊メイクによって変身していく様子を公開中です。

「劇団四季 美女と野獣」野獣はこうして作られる!動画

動画を見ていると、裏方の特殊メイクスタッフ1名が約1時間かけて仕上げています。特殊ゴムを使用して作られた牙付きの下あご、鼻などを貼り付け、陰影や毛穴までを細かく再現。さらに顔周りに野獣の毛を貼り付け、角を着けて完成!

どこから見ても野獣そのものな特殊メイクの技術は、「劇団四季 美女と野獣」になくてはならない裏方のおかげといえるでしょう。

四季『美女と野獣』の他のオススメ記事

劇団四季人気作品 『美女と野獣』ガラスに入ったバラの意味とは?

劇団四季に入るには、応募方法や倍率は?オーディションはどのようにするの?

大人気のミュージカル劇団四季 美女と野獣!の見どころとキャスト紹介!

劇団四季 美女と野獣 おすすめ人気グッズをずらり紹介!

劇団四季『美女と野獣』のモデルになった街コルマールってどんなところ?

【「劇団四季 美女と野獣」の舞台を影でを支えるプロフェッショナルな裏方の技術にも注目!】

(出典:pixabayより)

ストーリーや演出だけではなく、衣装や舞台、メイクなども注目される「劇団四季 美女と野獣」。世界観を見事に再現したその魅力は、表舞台に立たない裏方スタッフがあってこそです。大勢いる裏方スタッフの中から、一部の方をご紹介しました。「劇団四季 美女と野獣」を観に行った際には、優れた職人たちが裏方として支える舞台を堪能してください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。