クリスマスの定番!熊川哲也Kバレエカンパニー「くるみ割り人形」を赤坂Sacasで

くるみ割り人形といえば絵本などでご存知の方も多いと思いますが、その物語をテーマに作り上げられたバレエ作品の知名度の高さもクリスマスのバレエ公演の定番として愛される作品でもあります。クリスマスに起こるファンタジーを、美しいバレエでぜひ!

くるみ割り人形といえば絵本などでご存知の方も多いと思いますが、その物語をテーマに作り上げられたバレエ作品の知名度の高さもクリスマスのバレエ公演の定番として愛される作品でもあります。

クリスマスに起こるファンタジーを、美しいバレエでご覧になりませんか?

[熊川哲也 Kバレエカンパニー]8年目の赤坂Sacasのくるみ割り人形

熊川哲也と言えばバレエを見たことがない方でもご存知の方が多いと思いますが、現代バレエ界屈指の演出家として名を馳せています。そんな熊川哲也が2005年に演出を付け生み出したグランド・バレエの大作がこのくるみ割り人形です。

赤坂Sacasバージョンとして上演をスタートして8年目となる今年もクリスマスの風物詩としてまた上演されこのシーズンを華やかに彩ります。まだ見たことがない方にも、普段バレエは見ないという方にもおすすめのくるみ割り人形。

ぜひ今年こそは!劇場へお運びください。

[熊川哲也 Kバレエカンパニー]世界のプリンシパル・中村祥子が踊る!

Kバレエカンパニーは1999年に活動を開始してから16年、毎年述べ10万人の観客動員数を誇るバレエカンパニー。バレエダンサーがその才能をいかんなく発揮できる環境としても評価の高いカンパニーです。

そしてKバレエカンパニー主宰公演では、毎度バレエファンが嬉しい競演が観ることができるところも見どころのひとつ。浅川紫織×遅沢佑介という実力派カップルをはじめ、この秋よりKバレエを活動拠点に移した、世界最高峰のバレリーナ中村祥子が宮尾俊太郎をパートナーに、マリー姫を演じることも話題となっています。

世界最高峰のバレエを、気軽に観ることができるのもKバレエカンパニーの魅力です。

今回出演する中村祥子は、以前よりたびたびKバレエカンパニー公演にも客演をしていました。2013年からハンガリー国立バレエ団にプリンシパルとして在団していましたが、日本に活動拠点を移したそう。
2015年10月に上演されたKバレエカンパニー公演「カルメン」でカルメン役を演じ、そしてその後は得意とする白鳥の湖に出演。12月にはくるみ割り人形でヒロインを演じます。

日本人らしい繊細な踊りが海外でも評価されており、これまでも多くのカンパニーで活躍をしてきた中村祥子を海外に行かなくても観ることができるようになるのはバレエファンには待望の展開ではないでしょうか?

ぜひ、世界で活躍してきたプリンシパルの華麗な踊りを楽しんでください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。