劇団四季「リトルマーメイド」通なら知ってる3つの楽しみ方

リトルマーメイドといえば、ディズニープリンセスの中でも高い人気を誇るプリンセスの1人。リトルマーメイドの魅力はそのアリエルの健気なところかも知れませんね。ミュージカルリトルマーメイドでは、その魅力がふんだんに表されています。

人魚姫がもとになっているリトルマーメイドといえば、ディズニープリンセスの中でも高い人気を誇るプリンセスの1人。

人間に憧れる人魚のアリエルと、王子エリックの出会いとアリエルの一途な思い。

リトルマーメイドの魅力はそのアリエルの健気なところかも知れませんね。ミュージカルリトルマーメイドでは、その魅力がふんだんに表されています

劇場でご覧になりませんか?

リトルマーメイドの魅力 楽曲

リトルマーメイドの魅力はまずその楽曲にあります。パート・オブ・ユア・ワールドや、アンダー・ザ・シー、キス・ザ・ガールなど、映画でもおなじみの名曲ですが、舞台版では、映画では歌詞のついていなかった曲にも歌詞がつき、非常に効果的に使用されています。

たとえばアリエルとエリックが一緒にダンスとする「一歩ずつ」は、BGMしかありませんでしたがあらたに歌詞が書き下ろしがされました。話せないアリエルとエリックが心を通わせ、一緒にダンスをするとても微笑ましいシーンで、エリックの優しさが伝わるシーンです。

「一歩ずつ」「あの声」はエリックの曲としてあらたに書き下ろされたもの。その他にもトリトン王やセバスチャンがアリエルを心配する曲の追加もあり、それぞれのキャラクターの心の機微を表す曲が多く、物語をより深めているのがわかります。

その曲すべてが魅力的なのはもちろんトニー賞受賞作曲家アラン・メンケンの力によるものが多いのではないでしょうか。

リトルマーメイドの水中での表現

リトルマーメイドは海の世界の物語です。水中での表現はとにかくこだわりを持って作り上げられていることがわかります。わかりやすいのは髪型と動きでしょうか。

水中では髪がまっすぐ下がることはないため髪型は上を向いて尖っているようにセットされています。アリエルが水中から水上へ顔を出すときにはその髪はふわふわに戻っているなど、こだわりを感じることが出来ます。

また水中では人魚は皆ゆらゆらと体を揺らしています。それは水中での揺らめきを表しているところもとても印象的なところです。水中ではぴたりと止まることができないことが表されています。この演出は本当に素晴らしいところで、ブロードウェイではじめて上演されたときには、ローラースケートで水中の動きを表現していたと聞きますが、今回の演出のほうがよりブラッシュアップされたところであると言えるでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。