劇団四季「キャッツ」地方公演ならではの楽しみ方ってなに?

日本初演から32年目を迎えている劇団四季「キャッツ」 公演地を変えながらも長く愛されている作品は現在の公演地で通算公演回数9000回を迎え、記録を延ばしています。地方公演の魅力は?

日本初演から32年目を迎えている劇団四季のキャッツ」。
公演地を変えながらも長く愛されている作品は現在の公演地で通算公演回数9000回を迎え、記録を延ばしています。

劇団四季キャッツとは

キャッツとは、1981年ロンドンで初演を迎えたミュージカルです。
ロンドンでは約21年間のロングランを行い、通算公演数は8950回だったそうです。
舞台は都会のゴミ捨て場、集まった猫たちが年に一度のお祭りとして踊り、歌うという演出で、人間がひとりも出てこないこともあり、とても斬新な作品でした。
その後、1982年にはニューヨーク、ブロードウェイでも上演され、日本では1983年からと、初演からほんの二年後の上演となり、以来劇団四季の看板作品として長く愛されています。

キャッツの楽しみ、ご当地ゴミ

劇団四季のキャッツでの楽しみは、劇場に入った瞬間から始まっています。
キャッツの舞台は都会のゴミ捨て場。なので劇場もゴミ(作り物)で溢れているんです。
ゴミのサイズはすべて猫からみたサイズに変換されており、実際の約三倍で作られています。
各公演地に関係するものが並ぶゴミ捨て場は必見の価値あり。
現在公演中の札幌公演では、木彫りの熊や、ジンギスカン鍋、ソフトカツゲンなど、地元の方にはおなじみのアイテムが隠されています。

福岡では鶴の子、広島ではカープのヘルメットなど…とにかくご当地ゴミは様々。
ご当地ゴミ以外も意外なものや懐かしいものがたくさんあって面白いですよ!
劇場でぜひ探してみてくださいね。

地方公演に出演するキャスト

劇団四季の地方公演では、その地域出身の俳優が出演することが多くあります。
現在では、ミストフェリーズ役の岩崎晋也さんが特に長く出演しています。
キャッツを子供のころに観てから、ミストフェリーズに憧れバレエを初めたという岩崎さんは、現在その夢を叶えて連日キャッツのステージに立ち続けています。
劇団四季のキャストは当日まで不確定ですが、ぜひご覧の際には注目をしてみるのも楽しいかもしれません。

千穐楽まで約半年!劇団四季キャッツ

いかがでしょうか?地方公演ごとに楽しみがあるキャッツ。現在の札幌公演の千穐楽は2016年3/21(月・祝)と決定しました。チケットキャンプ(チケキャン)ではキャッツ札幌公演のチケットを取り扱い中です。その後の公演地もまだ未定ですので、この機会にぜひご覧ください。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

  • 札幌キャッツを細かく魅力的に説明して下さり、ホントにありがとうございますっ!

    北海道民として嬉しいですっ!

    ただ、一つだけ、
    岩崎晋也さんは札幌再演のキャッツではなく、札幌初演の今から24年前、1991年のキャッツを観てバレエを始めましたー。

    • かっしー様
      ありがとうございます。訂正させていただきます。
      またお気づきの点などありましたらお教えください。
      よろしくお願いいたします。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。