ディズニー映画でもおなじみのラブストーリー「劇団四季 美女と野獣」のヒロインベルと舞台に注目!

昨年の11月より2017年5月まで、京都公演を行っている「劇団四季 美女と野獣」。変わり者のヒロイン「ベル」と、野獣の姿に変えられてしまった王子のビーストが織りなす、感動のラブストーリーです。今回は「劇団四季 美女と野獣」の舞台をはじめ、ヒロインのベルに注目してご紹介します。

【2017年もロングランが続く「劇団四季 美女と野獣」そのヒロイン・ベルと、豪華な舞台をご紹介!】

2016年11月より続く京都公演。現在上演されているのが「劇団四季の 美女と野獣」です。

ディズニー映画でもおなじみの「美女と野獣」ですが、初めてディズニーが手掛ける舞台として、1994年にブロードウェイでミュージカルとして上演されました。

翌年の1995年には「劇団四季 美女と野獣」として日本でも上演され、大ヒット!公演開始から12年目となる2017年もロングランとなっている劇団四季の代表作の1つです。

2017年にはディズニーが手掛ける実写映画も公開予定となり、舞台にも注目が集まっています。今回は「劇団四季 美女と野獣」が見せる舞台での見どころと、ヒロインとなるベルについて特集します!

【「劇団四季 美女と野獣」のヒロイン・ベルの性格とは?】

今回紹介する「劇団四季 美女と野獣」のルーツとなるのは、1992年に日本で公開されたディズニー映画「美女と野獣」。フランスの民話を原作に、ヒロイン・ベルが孤独な野獣と共にはぐくむ愛の物語が描かれました。

冷酷な性格ゆえに、魔女によって人間から野獣の姿へと変えられたビースト。魔法のバラが散る前に「真実の愛」を見つけなければ元の姿には戻れません。

そんな時に、偶然出会ったのがヒロインのベルです。映画を基にしたストーリーが展開する「劇団四季 美女の野獣」こちらでも、ベルを軸にして物語は進んでいきます。

ここではディズニー作品の中でも少し変わったヒロイン像として描かれる、「美女と野獣」のヒロイン・ベルの人物像などを紹介していきます。

「劇団四季 美女と野獣」ヒロイン・ベルは変わり者?

「劇団四季 美女と野獣」でヒロインとなるベル。彼女は「変わり者」な性格として、町の人から好奇な目で見られていました。

科学者をしている父親の元で育ったベルは、読書の虫で、本の世界に浸って空想をするのが大好き!田舎での暮らしを憂い、いつかは王子様が…と妄想してしまうような性格です。

本好きで空想家と、内気に見えるベルですが、その性格は男勝り!町の英雄としてあがめられている「ガストン」に見染められても、ベルは見向きもしません。さらに父親が野獣のいる古城へ捕らわれた際にも、病気の父親を気遣い、自ら身代わりを志願します。

凶暴な性格と容姿ゆえに町の人からは恐れられている野獣に恐れず、自分らしく接する姿は、まさに男らしい強さをもっているといえますね。

【「劇団四季 美女と野獣」のヒロイン・ベルが着用するドレスにも彼女らしさが!】

「劇団四季 美女と野獣」では、ヒロイン・ベルの様々なドレス姿が見られます。女性なら憧れるドレスの数々。そのドレスの色にも彼女の気持ちが表現されています。ここでは「劇団四季 美女と野獣」で登場するベルのドレスに注目します!

第1幕:ブルーのエプロンドレス

「劇団四季 美女と野獣」の1幕、ベルの登場シーンで身に着けているのが、青いエプロンドレス。ベルの本好きで聡明な姿がブルーの色によって現れています。

また今の暮らしに満足していない、ベルの悲しみなども感じられるドレスの色とも考えられます。

第2幕:ピンクのドレス

父親の身代わりになるも、横暴な性格の野獣に愛想をつかし、城を抜け出してしまうベル。狼に襲われたところを野獣に救われ、野獣の優しい心に気づき始めます。

このシーンでは、かわいらしいピンク色のドレスを着用。ベルの野獣に対する愛情が芽生え始めたのを表すかのような、華やかなピンクカラーが印象的です。

野獣とのダンスシーン:イエローのドレス

野獣とベルが心を通わせあう様子を確認できるのが、物語の中盤に行われるダンスシーン。豪華なドレスは、ベルの活発な性格と野獣に対する気持ちで明るいイエローに。胸元には物語の核となるバラが。ブルーのリボンやホワイトのドレープなど、きらびやかな装飾にも注目です。

ラストシーン:イエロー&ピンクのバラのドレス

そして2人が結ばれるラストシーンには、ベルはピンクのバラがあしらわれたイエローのドレスを着用。ベルのキャラクターを表したイエローのドレスに、幸せな気持ちをピンクのバラで表現しているようです!

「劇団四季 美女と野獣」では、ヒロイン・ベルの4着のドレスがお目見えします。ベルの性格や気持ちをイメージしたようなドレスは、どれも素敵です!劇場に脚を運ぶ際には、ベルのドレスにも注目してご覧ください。

【舞台上はハートがいっぱいな「劇団四季 美女と野獣】

ロマンチックな物語が魅力的な「劇団四季 美女と野獣」。ベルのドレスに注目しましたが、実は物語の中に登場するキャラクターの衣装にも隠された秘密があります。

それは愛を知らねば野獣の姿から元に戻れない野獣と、物語に夢を見るベルの出会いや、心の交流が描かれる「美女と野獣」の物語にぴったりなモチーフでもあるハート。

舞台上のあらゆるところで見つけることが出来ます。どこにハートが発見できるかはお楽しみにしておきますが、キャラクターの装飾品や衣装などにも注目すると発見できるかも…?

【「劇団四季 美女と野獣」ではキャラクターで1幕と2幕の時間経過が分かる?】

「劇団四季 美女と野獣」の演出では、時間の経過が野獣の姿とお城の住人の姿で分かります。

「魔法のバラが散るまでに愛を知らなければ野獣から元に戻れない」という呪いは、野獣だけでなくお城の住人も同じこと。

燭台や、時計に姿を変えられた使用人たちの姿は、時を重ねるにつれて物に変化していき段々と人らしさが失われていく様が表現されています。

ベルと野獣の恋の行方と同時にこちらも是非注目してみてください。

四季『美女と野獣』の他のオススメ記事

劇団四季人気作品 『美女と野獣』ガラスに入ったバラの意味とは?

劇団四季に入るには、応募方法や倍率は?オーディションはどのようにするの?

大人気のミュージカル劇団四季 美女と野獣!の見どころとキャスト紹介!

劇団四季 美女と野獣 おすすめ人気グッズをずらり紹介!

劇団四季『美女と野獣』のモデルになった街コルマールってどんなところ?

【「劇団四季 美女と野獣」のロマンチックな物語を劇場で】

(出典:photoACより)

ロマンチックな物語に魔法のお城、ヒロインベルと野獣の愛の物語が舞台で繰り広げられる「劇団四季 美女と野獣」。野獣の心を動かすヒロインベルのキャラクターや衣装、さらに「劇団四季 美女と野獣」の演出にも着目してお伝えしました。「劇団四季 美女と野獣」の京都公演は5月21日まで公演中、ぜひ舞台の隅々まで楽しんでご覧くださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。