2015年「吉例顔見世大歌舞伎」配役と演目発表!その内容は?

東京歌舞伎座で開かれる恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世大歌舞伎」の演目と出演者が、発表されました。

「十一世市川團十郎五十年祭」と銘打っていて、彼を偲ぶ演目とその芸風を受け継ぐ孫、今回の「顔見世」出演者の市川海老蔵父子に注目が集まっています。

東京歌舞伎座で開かれる恒例の歌舞伎公演吉例顔見世大歌舞伎」の演目と出演者が、発表されました。

▶︎ 歌舞伎総合公式 詳細はこちら

「吉例顔見世大歌舞伎」には近年恒例として2014年「初世松本白鸚三十三回忌追善」などのように、過去の歌舞伎役者のなんらかの記念祭と併記していることが多くなっています。

2015年の今年は、「十一世市川團十郎五十年祭」と銘打っていて、彼を偲ぶ演目とその芸風を受け継ぐ孫、今回の「顔見世」出演者の市川海老蔵父子に注目が集まっています。

「吉例顔見世大歌舞伎」は江戸時代から続く由緒ある伝統興行

今年の「吉例顔見世大歌舞伎」には坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本幸四郎、片岡仁左衛門、市川染五郎、尾上松緑、市川海老蔵、など豪華な顔触れが揃います。

松竹創業120周年吉例顔見世大歌舞伎十一世市川團十郎五十年祭

平成27年11月1日(日)~25日(水)

昼の部  午前11時~
夜の部  午後4時30分~
【貸切】9日(月)昼の部、23日(月・祝)夜の部 ※幕見席は営業

「吉例顔見世大歌舞伎」2015年のみどころ

十一世が若かった頃の人気作「若き日の信長」の織田信長、そして團十郎襲名披露で演じた歌舞伎十八番の「勧進帳」が据えられ、弁慶には松本幸四郎、そして信長を孫の海老蔵が演じることも発表され話題となっています。

この演目発表は世襲としての伝統、そしてその芸風を如何に継承するかをファンも見守る歌舞伎の世界ならではといえるでしょう。

受け継ぐ伝統「吉例顔見世大歌舞伎」海老蔵二世の初お披露目も

さらにこの公演には市川海老蔵の長男で2歳となる堀越勧玄くんが初お目見えすることが発表されました。

勧玄くんは夜の部の舞踊「江戸花成田面影」に父海老蔵とともに出演し、坂田藤十郎、尾上菊五郎、片岡仁左衛門ら大御所も共演するとのこと。

海老蔵主演演目もあり今年の「吉例顔見世」は「海老蔵祭り」な内容、ともいえるかもしれません。

「吉例顔見世大歌舞伎」の変わらぬ魅力

歌舞伎座は1889年の開場以来、今日にいたるまで歌舞伎上演の代表としての伝統を誇る劇場。
話題になっているコミックとのコラボ歌舞伎も楽しいですが、伝統にのっとった演目もやはり観たい!

今年もこの場所にふさわしい豪華な顔ぶれと狂言立てが出揃い、魅せてくれることでしょう。

「吉例顔見世大歌舞伎」を楽しみたいなら

贔屓のおなじみの配役、それに見逃せない踊り。チケットキャンプ(チケキャン)では「吉例顔見世大歌舞伎」の取り扱いも始めています。年に一度の貴重な公演と演目の数々、決して見逃さないようにしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。