伝説のコミック「真夜中の弥次さん喜多さん」2016年舞台化決定!その内容は?

しりあがり寿さんの大ヒット漫画「真夜中の弥次さん喜多さん」が2016年1月、新たな演出、役者を迎えて舞台化されることが発表されました。今回の舞台はまたこれまでとは違う新しい「やじきた」の解釈を載せた舞台が観られることでしょう。

しりあがり寿さんの大ヒット漫画「真夜中の弥次さん喜多さん」が2016年1月、新たな演出、役者を迎えて舞台化されることが発表されました。

おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」

  • 演出:川尻恵太(SUGARBOY)脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
  • 《東京公演》シアターGロッソ2016/1/10(日)〜17(日)
  • 《大阪公演》サンケイホールブリーゼ2016/1/22(金)〜24日(日)
  • おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」の詳細はこちら

    あらすじと世代を超えた人気「真夜中の弥次さん喜多さん」

    実は、これまで「真夜中の弥次さん喜多さん」は、違うカンパニーで舞台化をされたことがあります。
    その他にも宮藤官九郎監督で映画化されたこともあるほどの、マニアックな人気を誇る名作。

    今回の舞台はまたこれまでとは違う新しい「やじきた」の解釈を載せた舞台が観られることでしょう。

    やじきたのふたりが伊勢を目指すというところは原作である「東海道中膝栗毛」と同じですがあとは妄想なのか現実なのか、それともそんな境界を考える方が間違っているのか、観客を奇々怪々な世界へ誘ってくれることに期待!です。

    男性同士ならではのシーンがさらに濃厚になって登場!?「真夜中の弥次さん喜多さん」

    「真夜中の弥次さん喜多さん」といえば、原作を少しでも知っている方が気になるのは当然、主人公ふたりの家族のような恋人のようなディープな関係をどこまで突っ込んで描いてくれるかでしょう。

    キャスト発表はこれだからですし、まだまだ情報が少ない「真夜中の弥次さん喜多さん」の続報もぜひ公式でチェックして見てください。

    もしかしてやじきた初のミュージカル化!も夢ではないかも。どんな作品に仕上がるのか、これからの情報も楽しみに待ちましょう。

    2016年に進化した姿をみせる!「真夜中の弥次さん喜多さん」

    製作元であるCLIEは、女性向けのイケメン男子出演の舞台の製作で、高い評価を得つつあります。

    今回の「真夜中の弥次さん喜多さん」も脚本は日替わりで出演キャストの組み合わせが異なるマルチキャスティング制で人気を呼ぶ「極上文學」シリーズを手掛けている神楽澤小虎氏、そして演出は川尻恵太氏と実績のある布陣で臨みます。

    原作を読んでみてもネタばれ、なんてことにならないほど色んな解釈が可能な「弥次喜多」を、お見逃しなく!

    おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」を観たくなったら

    キャスト発表も待ち遠しい「弥次喜多」。チケットキャンプ(チケキャン)ではおん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」のチケットを取り扱っています。 ぜひ上映スケジュールなどこまめに公式をチェックして劇場へ足を運んでみてくださいね。

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。