シルクドソレイユ(トーテム)を見逃すな!世界的パフォーマンス団体の魅力とは

シルクドソレイユ(トーテム)は、日本だけでなく世界中で公演されている大きなパフォーマンス・イベントの1つです。誰もが圧巻すること間違いのないパフォーマンスには、人を惹きつけて止まない魅力があります。。今回は、まだシルクドソレイユ(トーテム)を見たことが無い人向けに魅力をご紹介します。

【シルクドゥソレイユ『トーテム』の魅力】

世界中に熱狂的なファンを持ち、観客を魅了してやまないシルクドソレイユ( シルク・ドゥ・ソレイユ)。人間の肉体の美しさ、運動の極限を追求するパフォーマンスによって、さまざまな世代から支持されています。パフォーマーが一流なのはもちろんのこと、その構成や演出も唯一無二の芸術性を誇ります。

そんな、世界的パフォーマンス集団であるシルクドソレイユ(トーテム)が、日本でも現在開催されています。2016年の2月に東京からスタートし、大阪、仙台、名古屋、福岡の5都市をめぐるツアーを実施中!

サーカスやパフォーマンスを見たことが無い人も、この記事をチェックすればシルクドソレイユ(トーテム)の魅力の一端に触れられるでしょう。

【シルクドソレイユ『トーテム』で表現する「人類の進化」】

2010年に初演を迎えたシルクドゥソレイユ『トーテム』。全世界を巡るサーカスであることから、来日は2016年と、実に初演から6年経ってからのこととなりました。毎年のようにやってくるシルクドゥソレイユですが、常に最先端を誇るサーカスのため、各公演ごとにやはり見所が違います。

この『トーテム』でシルクドソレイユが挑戦するのは、「人類の進化」という壮大なテーマ。46億年前の地球の誕生からはじまり、生命の力強さ、神秘的な美しさを、衣装や肉体のパフォーマンス、そして幻想的な舞台美術・演出によって表現します。その作りこまれためくるめく世界観に、あっという間に引きこまれてしまうことでしょう。

【シルクドゥソレイユ『トーテム』 サーカスという芸術の魅力】

サーカスはノンバーバル(非言語)ショーです。演者は一言も発することなく、パフォーマンスだけで観客に物語を雄弁に伝える事ができるのです。肉体を限界まで使用し、物語を作り上げるそのパフォーマンスが世界中を熱狂させるサーカスを作り上げます。

亀の甲羅をイメージしたカラペースでは、カエルに扮したアーティストたちが亀の甲羅を使った鉄棒を飛び回るパフォーマンスを。

ディアボロ(こま)はフラメンコにインスピレーションを受けたビートでディアボロを操ります。フィックスト・トラピス・デュオは、空中ブランコの上で男女が愛を確認して宙を舞います。

フット・ジャグリング(クリスタル・レディース)は、足で四角い布を回転させます。レディースはセットでパフォーマンスを行いますが、その動きはずれることなく息もぴったりです。

画像はローラー・スケート。結婚式を連想させるシーンで出てくる男女は、足に履いたローラースケートのまま直径1.8メートルしかない台座の上で回転・千回を行うというパフォーマンス。まさに信頼関係がないと成り立たないこのパフォーマンスには驚かされること間違いなしです。

一つ一つのパフォーマンスによって生み出されるシルクドゥ・ソレイユ『トーテム』。人間のもつ能力の素晴らしさを間近で体感してみてください。

【シルクドソレイユ『トーテム』豪華なスタッフが創りあげる、圧倒的なステージ】

『トーテム』の演出を務めたのは「映像の魔術師」とも呼ばれる、カナダ出身のロベール・ルパージュ氏。今回はプロジェクションマッピングも駆使して、地球上の自然や生命の美を舞台上に描きだします。

また、舞台衣装を担当するのは、衣装デザイナーのキム・バレット氏。映画『ロミオ&ジュリエット』『マトリックス』『ジピター』など、彼女のワークでは近未来的要素とクラシックな要素を融合させた絢爛豪華な衣装が印象的です。

数々の映画の衣装を担当し、第一線で活躍してきたキム・バレットが、トーテムで用意した衣装はなんと、750着!舞台をまばゆく彩る手作りの衣装にも注目です。

【シルクドソレイユ『トーテム』の魅力は壮大な物語にある】

シルクドソレイユ『トーテム』の魅力はパフォーマーによる限界の挑戦です。ですが、それだけでなく舞台の演出や物語がきちんと作り込まれている部分にも魅力が含まれています。

物語があることも大きな理由の一つです。今回のテーマは人類の進化。過去や未来を進みながら数億年をサーカスで観ることができるのです。約12の演目で紡がれる物語は、観客に驚きを与えてくれることでしょう。

シルクドソレイユ『トーテム』にて演出を務めるのは、カナダ出身のロベール・ルパージュ氏という人です。彼は「映像の魔術師」と呼ばれており、シルクドソレイユ『トーテム』ではプロジェクトマッピングを活用して地球上の自然の美しさと力強さを表現しています。

演出だけでなく、テーマに沿って12の演目を物語風にしていることも魅力の1つです。1つ1つの演目がぶつ切りになっているのではなく、トータルで見たときに過去から未来へつながる生命の物語を感じ取れるように作られています。

舞台を彩るパフォーマーをさらに引き立つ存在にするには、舞台に合った衣装を用意することも必要です。シルクドソレイユ(トーテム)にふさわしい衣装を用意するのは、キム・バレット氏。映画の「マトリックス」や「ロミオ&ジュリエット」などの衣装を担当した経験もあり、今回の舞台のために750着もの意匠を用意しています。

【シルクドソレイユ『トーテム』の最新公演日は?】

シルクドソレイユ『トーテム』の魅力を知るには、実際に舞台を見るのが一番です。日本では現在、福岡de。4月からは最後の公演地、仙台の公演日も決定しています。

  • 福岡公演…2017年2月3日~3月19日
  • 仙台公演…2017年4月6日~5月21日

人気のシルクドソレイユ(トーテム)ですが、観るチャンスは大いにありますね。春休みはご家族で、お友達とサーカスを観に行きませんか?きっとすばらしい思い出として残るに違いありません。

シルクドゥソレイユ TOTEMの他のオススメ記事

シルクドソレイユ(トーテム)の魅力は音楽にもあり!?気になる楽曲情報まとめ

人類の進化を体感できる、シルクドソレイユ(トーテム)の『トーテム』に込められた意味とは?

シルクドソレイユ(トーテム)仙台公演の座席表と周辺のオススメランチ情報を解説!

シルクドソレイユ(トーテム)福岡公演の座席表と周辺のオススメランチ情報を解説!

【座席表情報】シルクドソレイユ「トーテム」名古屋公演で見やすい席はココ!会場周辺のおすすめランチ情報もキャッチ!

【いつでも最新、最先端。シルクドゥソレイユのサーカス】

(出典:photoACより)

全世界で400万人以上の観客を動員したという大ヒット作、『トーテム』。「人類の進化」はあなたの人生をも進化させるかもしれません。

毎年来日するシルクドゥソレイユですが、いつでも最先端で最高峰の作品を我々に見せてくれるという安心感もあります。

作品が違えばテーマも異なります。以前みたことのある人もまだシルクドゥソレイユのサーカスを一度も観たことがない人も、きっと楽しめる作品となっています。一流のパフォーマーとスタッフによる、世界最高峰のサーカスを目撃できるこのチャンス、ぜひ逃さないで!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。