劇団四季「ウェストサイド物語」待望の再演決定!キャストを紹介

ミュージカルといえば、と知らない人のほうがすくないであろう名作として名高いウェストサイド物語が劇団四季で再演されることが発表されました。

劇団四季のウェストサイド物語は、オリジナルの振り付けを使用しており、クォリティの高さからも名高い名作です。

2016年2月に開幕が決定した今回のウェストサイド物語は2012年ぶり。久々の再演に期待が高まっています!

ウェストサイド物語と、劇団四季

ウェストサイド物語は、1957年に初演となったブロードウェイミュージカル。

1961年には映画化もされ、この映画が非常に評判となり歴史に名を残す大作となりました。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」に着想を得、当時のアメリカの社会背景である移民や、少年非行グループなど、当時の問題を露わにした物語が衝撃を与えました。

この作品が来日公演を行ったのは1964年。当時日生劇場の役員を務めていた元劇団四季代表・浅利慶太は当時その公演を見て、いつか劇団四季で上演したいと考えたこといいます。その後劇団四季は色々な翻訳ミュージカルの上演を経験し、来日公演から10年後の1974年に、劇団四季初演を迎えました。

劇団四季のウェストサイド物語に出演してきた俳優たち

劇団四季での上演は、ブロードウェイ初演公演から17年後、1974年のことでした。

2012年まで、5度に渡り上演された劇団四季のウェストサイド物語には、錚々たる俳優たちが出演していたことをご存知でしょうか?当時の劇団四季には、すでに退団していますが、今でもミュージカル界の第一線にいる俳優たちが名を連ねていました。

歴代トニー役一覧

  • 鹿賀丈史:レ・ミゼラブルやジキル&ハイドの初演にも出演
  • 山口祐一郎:エリザベートや ダンスオブヴァンパイアでお馴染み
  • 鈴木壮麻(今年8月に改名):レ・ミゼラブルのジャベールやエリザベートのフランツを演じる
  • 石丸幹二:半沢直樹でお茶の間で有名に

歴代マリア役役一覧

  • 野村玲子:マンマ・ミーア初演単独主演500回を達成
  • 堀内敬子:現在もテレビドラマで活躍
  • 笠松はる:浅利慶太社長退任後に立ち上げた事務所へ移籍
  • 木村花代:ミス・サイゴンへの出演や、CD作品への参加などを行う
  • 現在も多くの舞台で活躍を続ける女優ばかりが揃っていました。

堀内敬子と石丸幹二は9月のドラマで劇団四季美女と野獣ぶりの共演、という話題もありましたね。

トゥナイトやマリア、アメリカなど、耳に残る曲ばかりのウェストサイド物語。芝居や感情をダンスで表現しているところも多く、ダンスはかなりの技術を要する作品とも言われており、非常に難しい作品だと出演者も語ります。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。