舞台「TRUMP(トランプ)」熱狂的ファンが気になる点

若手俳優のWキャストということで大きく取り上げられた2015/11/19(木)から始まる舞台「TRUMP」、再々演という形となります。

2009年に初演を行った末満健一作・演出の舞台「TRUMP」は熱狂的なファンも多く、その世界観は大きく広がりを見せています

それというのも、「TRUMP」と題されてはいませんが「TRUMP」と関連している作品「LILIUM」「SPECTER」などもあり、末満さんから目が離せないこの6年間。

追い続けてきた熱狂的ファンの声をまとめてみました。

舞台「TRUMP(トランプ)」:ヴァンプメイクに賛否両論

さて、キービジュアルが発表され、最初に皆さんが喧々諤々としたのが、そのヴァンプメイク

目の周りを黒くしたもので、「SPECTER」でも施されていたものですが、これが気に入る方と気に入らない方が。

いつも舞台となるとガラッと変えてきますので開演してみるとメイクしていない恐れもありますが、あなたは前回「TRUMP」とのこの変化、どう思いますか?

また、先日、相当なアニメ好きと報道された高杉真宙くん、目の周りのクマはアニメでも見ていてクマができた?とつい思ってしまうという面白ツイートもありました。

舞台「TRUMP(トランプ)」:zeppブルーシアター六本木は見辛い?

今回の「TRUMP」の再々演で、ちょっとファンが困惑したのがその会場「zeppブルーシアター六本木」。

前から3列目まではいいのですが、それより後ろになると、段差が少ないために非常に見辛いと評判の会場です。

座高の高低が顕著な方はちょっと悩んでしまいますね。

ただ、それをカバーしてあまりあるのが、そのシートと音響の良さ。またステージも近く、演者の息遣いも聞こえてきそうです。なかなかない機会、会場を理由にスルーされるのはもったいないかもしれませんね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。