舞台「ブロッケンの妖怪」で佐々木希が個性派俳優たちに挑む

竹中直人と生瀬勝久という、コメディ俳優としても名高い2人の個性派俳優が舞台でぶつかります。2011年に上演された「ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~」に引き続き、人気劇作家倉持裕が書き下ろすホラーコメディは見逃せません。

竹中直人と生瀬勝久という、コメディ俳優としても名高い2人の個性派俳優が舞台でぶつかります。

「竹生企画」と名付けられた二人のユニットが送る二度目の舞台であるブロッケンの妖怪」。2011年に上演された「ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~」に引き続き、人気劇作家倉持裕が書き下ろすホラーコメディは見逃せません。

竹中直人と生瀬勝久が贈る舞台「ブロッケンの妖怪」とは

「ブロッケンの妖怪」とは竹中直人と生瀬勝久のユニット「竹生企画」による第2弾作品。2011年11月に上演された「ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~」から4年ぶりの企画舞台ということで、ファンの期待が集まる上演予定。作・演出を前作と同じくペンギンプルペイルパイルズ主宰の倉持裕が手掛けます。

絵本作家の打越(竹中)と担当編集者の黒柳(生瀬)が、霧の濃い日に起こる「ブロッケン現象」によって、洋館の影が霧に映り海の上にもうひとつの洋館が現れる現象を取材するために島を訪れたものの、洋館で起こる不思議な出来事や島の人々の思惑に巻き込まれていく様を描いたホラーコメディー。

メインビジュアルも少々不思議なイメージがあり、どういった物語なのか、見る前から気になりますね。

佐々木希が初舞台!「ブロッケンの妖怪」の豪華出演者をチェック!

今回のブロッケンの妖怪の出演キャストにはユニットの竹中、生瀬以外にも個性的な面々が揃いました。

竹中直人は放浪癖があり浮気性の打越役、生瀬勝久は打越の担当編集黒柳役。舞台となる洋館に住む女性・虹子役に大ベテラン女優高橋恵子がキャスティング。

そして、虹子の娘・小真代役に佐々木希が!佐々木希はこれまでにも映画やドラマにはいくつか出演していましたが舞台は初出演となります。どのような演技を見せてくれるのかが気になるところです。

館の使用人の稲井役にはダンサーとしてミュージカルで活躍する大貫勇輔。テレビドラマにも出演し、2015年5月には朗読劇の主演を務めるなど、その活動の場を増やしています。館に出入りする船乗り・泊役にはテレビドラマや舞台出演のキャリアの多い田口浩正がキャスティングされています。

この共演者と竹中・生瀬のペアがどのような化学反応を起こすのか、期待が高まります!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。