森山未來が荒木に挑む!「死刑執行中脱獄進行中」の新情報

森山未來×荒木飛呂彦で大きな話題を呼んでいる舞台「死刑執行中脱獄進行中」。 キービジュアルも発表され、ますます盛り上がってきました!今回はあらすじや追加キャスト、全国公演予定をチェック!

森山未來×荒木飛呂彦で大きな話題を呼んでいる舞台「死刑執行中脱獄進行中」

キービジュアルも発表され、ますます盛り上がってきました!今回はあらすじや追加キャスト、全国公演予定をチェック

荒木飛呂彦原作「死刑執行中脱獄進行中」 主演・森山未來への期待

今回の公演では、死刑宣告を受けた囚人27号 が、自分を殺しに来る牢獄からの脱獄を図る物語「死刑執行中脱獄進行中」と、同タイトルコミックスに収録されている、ヨットの故障によって海上で遭難してしまった愛子雅吾と飼い猫のドルチが生き残りをかけて戦う物語「ドルチ~ダイ・ハード・ザ・キャット~」の要素を織り交ぜた構成となる予定です。

構成、演出、振付を担当する長谷川寧(冨士山アネット)は、荒木飛呂彦作品の持つ”人間賛歌”をテーマとした生に執着している物語に注目。

主人公を演じる森山については、”彼(森山)は今映像でも活躍している俳優の中でも、身体能力・表現共に群を抜いた俳優の一人だと思う。彼ならば一見突飛の無いこの舞台化作品に肉体を持ってリアリティを付加出来ると考えている“とインタビューに答えています。

荒木飛呂彦の漫画ならではの表現を舞台でどう表現するのか、やはりそこが期待されるところではないでしょうか?

舞台「死刑執行中脱獄進行中」の出演キャストが発表!

森山未來と共にこの舞台に出演するキャストは、いいむろなおき、江戸川萬時、大宮大奨、笹本龍史、宮河愛一郎、森川弘和など。公式では「and more」となっているので、まだ発表があるかもしれませんが、なるほど個性派が揃いました。

言葉を発さず芝居を行うマイム俳優いいむろなおき、俳優・ダンサー・イラストレーター・振付など幅広く活動を展開している江戸川萬時、ダンサーであり振り付け師である大宮大奨。笹本龍史は山口県在住、2011年米ダンスマガジンが選ぶ「観に行くべき25人のダンサー」に選ばれた才能。

ミュージカルにてキャリアを詰んだ後Noismに参加、ダンサーとして活躍する宮川愛一郎、森川弘和はマイムとサーカスを学び、抜群のボディバランスを持つダンサー。など、個性的なダンサーが一同に介し、荒木飛呂彦の世界を具現化します。

ダンス演目のユニット公演も行う森山未來も共同振り付けとして、振り付けに参加。どのような空間がつくり上げるのでしょうか。

いいむろなおき

江戸川萬時

大宮大奨

笹本龍史

宮川愛一郎

森川弘和

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。