ファミリーミュージカルの決定版!ミュージカル「スクルージ」が教えてくれるもの

チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を原作とし、クリスマスシーズンの定番として人気のミュージカル「スクルージ」が、2年ぶりに国内で再演されることが発表されました。本日はそのみどころを紹介します。

チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を原作とし、クリスマスシーズンの定番として人気のミュージカル「スクルージ」が、2年ぶりに国内で再演されることが発表されました。

ただの子供向けミュージカルとは違って、大人になって失ってしまった気持ちを蘇らせるこの感動の舞台、みどころを紹介します。

ミュージカル「スクルージ」

  • 2015年12月4日(金)~15日(火) 赤坂ACTシアター
  • 2015年9月12日(土) チケット一般発売開始予定

ミュージカル「スクルージ」公式サイトはこちら

名優市村正親の当たり役スクルージに注目!

「スクルージ」の主人公は強欲な商売人、演じるのはミュージカル界の大御所市村正親です。

スクルージはこれまでもさまざまな名男優が演じてきましたが、その中でもキャリアが長く安定していると好評なのが市村。94年にスクルージ役を務め、以後、95年、97年、99年に主演た後、14年ものブランクを経て演じたのが2013年の前回公演でした。

強欲さで周囲を傷つけ、けれど精霊のみせる未来で変化していく姿は、本来の繊細さまで垣間見ることができ、彼の演技力と歌の力で「スクルージ」は成り立っているといっても過言ではないでしょう。

クリスマスの季節に大切な人とみたいミュージカル「スクルージ」

「スクルージ」の舞台は19世紀半ばのロンドン。

けちで強欲なスクルージは、街一番の嫌われ者で、クリスマス・イヴの日も、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きています。

ひとりぼっちで過ごしていたスクルージの前にかつてのビジネス・パートナーであるマーレーの亡霊が現われ、これから精霊によって自分の過去・現在・未来を巡る旅へと次々に連れ出されるだろうと予言する。

貧しくて孤独だった過去、富と引き換えに人との絆を失った現在、そして未来の自分を知り愕然としたスクルージは、やがて…というあらすじは、子供たちにももちろん大人の心にも染みるものでしょう。

ミュージカルの名手たちが集う耳に嬉しい公演「スクルージ」

「スクルージ」を支えるのは、市村氏だけでなく国内ミュージカルシーンで着実にキャリアを積み上げている俳優ばかり。

また好評だった前回2013年公演とほぼ同じキャストですから、お互いの呼吸も知り尽くしていて今回もさらに強く大人にも子供にも感動を呼ぶ公演になることは必至です。

ミュージカル「スクルージ」キャスト

  • エベネザー・スクルージ・・・市村正親
  • ボブ・クラチット・・・武田真治
  • イザベル/ヘレン・・・ 笹本玲奈
  • ハリー/若き日のスクルージ・・・田代万里生
  • 過去のクリスマスの精霊・・・香寿たつき
  • トム・ジェンキンス・・・畠中洋
  • ジェイコブ・マーレイ・・・安崎 求
  • フェジウィッグ夫人・・・今 陽子
  • 現在のクリスマスの精霊・・・ 今井清隆
  • 阿部裕 青山航士 乾あきお 高橋広司 中西勝之 安福毅秋園美緒 小島亜莉沙 田中利花 七瀬りりこ三木麻衣子 森 加織 横岡沙季  飯田汐音 ※加藤憲史郎 加藤智恵里 古賀瑠設楽銀河 ※高橋玲生 鶴野華苗 松本拓海※Wキャスト

ミュージカル「スクルージ」を観たいなら

聖夜に繰り広げられる人間の心の変化とは?という深いテーマが、「スクルージ」にはあふれています。上質な歌唱力を持ったキャストが観客を幸せに包んでくれる舞台は必見。チケットキャンプ(チケキャン)では、ミュージカル「スクルージ」を取り扱っています。涙とハッピーを届けてくれるこの芝居を見逃さないでくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。