昆虫の世界が舞台!地球ゴージャス公演「The Love Bugs」をご紹介

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット、地球ゴージャスプロデュース公演の新作が決定しました。スケジュール、キャストと出そろった次回公演、地球ゴージャス ”The Love Bugs”をチェックしてみましょう!

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット、地球ゴージャスプロデュース公演の新作が決定しました。

Vol.13「クザリアーナの翼」から2年ぶりの公演は豪華キャストを迎えて2016年1月より開幕します。

スケジュール、キャストと出そろった次回公演、地球ゴージャス ”The Love Bugs”をチェックしてみましょう!

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14「The Love Bugs」って?

今回の公演タイトルは「The Love Bugs」。その名の通り、昆虫の世界を題材とした作品です。胸キュン、などの意味も込められているというこのタイトルですが、「愛」もテーマとなっているそうです。

”ある夜。何かに引き込まれて群がる無数の影が揺らめく。突如、大きなヘッドライトに照らされ現れしその正体は、奇想天外、奇抜な姿に彩られた凛々しき紳士淑女たち。……そう、今夜は100年に一度…1000年に一度の特別な夜。一族の予選を勝ち抜いた、種の誇りを背負った代表たちが集う、伝説の祭典が始まった。”
(引用:The Love Bugs公式サイト)

あらすじにあるように、舞台は人間の世界の隣に存在する小さな生き物の世界。特別な祭典のさなか、運命に翻弄される「恋」の物語。公開されているビジュアルもすでに迫力は十分。

メインビジュアルで着用している衣装は、山本寛斎氏のコレクションをふんだんに使用し、数々のファッション誌やコレクションも担当した冨沢ノボル氏によるヘアメイクも華やかに、昆虫たちの世界を表現しています。

The Love Bugsの華やかな衣装に負けない華やかな出演者たち その1

The Love Bugsのメインキャストは、城田優、蘭寿とむ、大原櫻子、平間壮一、マルシア、そして地球ゴージャス主宰の岸谷五朗と寺脇康文

それぞれがどのような役どころかはまだ発表されていませんが、ビジュアル写真をみながら、あらすじにあるキャラクターと照らしあわせて予想をするのも面白いかもしれません。

”誰もが憧れる孤高のスター、涙を知らぬ男殺しの美女、光り輝く気弱な少年、そして初めて大人の世界を知る唄と生きる少女。怪しい振付師や世界を股にかけた謎の女、そして祭典の中目覚めてしまったひとつの魂まで加わって”
(引用:The Love Bugs公式サイト)

主演を務めるのは城田優。ワタナベプロダクションの俳優集団D-BOYS出身の彼は、テレビ出演も多いですが、主に舞台での活躍が目立ちます。180センチを超える長身に、ハーフならではのルックス。そして名実共にミュージカル界を牽引するミュージカル俳優の一人となった実力は折り紙つき。

蘭寿とむは2014年宝塚歌劇団を惜しまれつつ退団した元男役トップスター。ダンスに定評があり、男役としての魅力が人気で、コメディセンスも抜群。花組のトップスターを退団までの3年務めました。退団後もすでに舞台などで活躍、今回が退団後4作目の出演となります。2016年上演予定のシスターアクトでは、森公美子とのWキャストでの主演も決定しています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。