16年ぶりの再演!田中哲司×志田未来「オレアナ」の魅力

2015年11月にパルコ劇場で上演が決定した「オレアナ」。日本では、1994年に長塚京三と若村麻由美、1999年に長塚京三と永作博美が出演し、上演されました。三度目となる今回は田中哲司と志田未来が出演します。

2015年11月にパルコ劇場で上演が決定した「オレアナ」。1992年にアメリカで初演を迎えた「オレアナ」は、そのテーマで注目を集め、世界各国で何度も上演されています

日本では、1994年に長塚京三と若村麻由美、1999年に長塚京三と永作博美が出演し、上演されました。三度目となる今回は田中哲司と志田未来が出演します。

オレアナって?

オレアナは出演者が二人だけのストレートプレイ。

昇進目前の若き大学教授「ジョン」と、単位が取れないと泣く女子大生「キャロル」。キャロルをなだめるために、彼女の相談に応じていたのにも関わらず、後日キャロルはジョンを大学当局に訴えます。

言葉を交わすほどにかみ合わなくなる密室での劇で、そのテーマは重く休憩を含めても100分足らずという短さにもかかわらず印象に残る舞台となっています。クライマックスでの賛否両論が話題となり世界中で著名な俳優を起用し上演が続いている作品です。

今回、16年ぶりの上演は、演出、翻訳も新たに行われます。

「オレアナ」は、志田未来の初舞台!

女子大生「キャロル」を演じる志田未来は、今回が初舞台となります。

現在22歳の彼女は、幼少の頃からテレビドラマなどの映像作品で広く活躍している女優です。そのキャリアは2000年から続き、キャリアを着実に積んでいます。

意外とも思えますが、舞台出演は今回がはじめて。舞台への出演は“いずれやらなくては”、と思っていた仕事の一つだったそうです。彼女の確かな実力を伴う演技が、舞台でどう現れるのか、ということころも注目できます。

「オレアナ」で志田未来を支える、安定の田中哲司 お互いの印象は?

初舞台である志田未来を支えるのは、ベテラン田中哲司

二人は過去にドラマでも一緒に仕事をしたことがあるということからもすでに打ち解けた様子で、インタビューではそれぞれ、お互いへの信頼を口に出していました。

田中哲司は、

志田未来ちゃんとは映像で何度か一緒に仕事をしていて、とても信頼を寄せています。稽古場でも舞台上でも助けてくれそうです(笑)。そんな信頼のできるパートナーと芝居を作っていくのが楽しみです。
(発言引用元:観劇予報)

と大人のコメントを。

志田未来は、”田中さんとは、ドラマでご一緒させていただきましたが、不思議なオーラのある方だと思います。そんな素晴らしい大先輩から一緒にいいものを創ろうと言っていただいたので、一生懸命頑張ります。”と、始まる前から気合い十分の様子です。

数々のドラマに出演し、その存在感と能力を遺憾なく発揮している彼が志田未来と魅せる芝居はとても楽しみと言えるでしょう。8月にも二人舞台を控えている田中哲司ですが、それに続けての二人舞台。ますます期待が膨らみます!

オレアナは2015年11/6(金)から11/29(日)まで上演。チケットの販売は一般価格だけではなく、U-25という25歳以下向けの割引チケットも用意されています。発売は先行発売が7月から、一般発売は9月からとなっています。忘れずチェックしてチケットを確保!したいですよね。

期待の二人芝居「オレアナ」を劇場で!

いかがでしょうか?確かな実力派の演技をナマで感じるチャンス!舞台はそんな楽しみがあります。チケットキャンプ(チケキャン)では、オレアナのチケットを取り扱い中です。ぜひゲットして劇場で楽しんでくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。