10年ぶり!待望の再演「ダブリンの鐘つきカビ人間」

1996年に初演を迎え、二度の再演から10年。ファンも多い舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」が、今回はキャスティングも新たに再演されます!公演期間は2015年10/3(土)から10/25(日)、渋谷パルコ劇場での上演が予定されています。

1996年に初演を迎え、二度の再演から10年。ファンも多い舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」が、今回はキャスティングも新たに再演されます!

公演期間は2015年10/3(土)から10/25(日)、渋谷パルコ劇場での上演が予定されています。

その後、11月からは大阪、札幌、仙台など各地での公演も。名作と名高いこの作品、見逃すわけには行きません!

ダブリンの鐘つきカビ人間とは?

ダブリンの鐘つきカビ人間 とは、1992年に初演された作品です。

奇病が蔓延する中世の街が舞台。以前は美しかったものの病のせいで醜い姿となってしまった孤独な鐘つき男「カビ人間」と、思ったことと反対のことしか言えない病に苦しむ娘「おさえ」の交流を中心に描かれるファンタジー作品です。

ファンタジーではありますが毒を含む、大人向けとして好まれている作品です。醜さと美しさ、言葉の本質を描きだす作品は多くの観客の心を掴んで離しません

「ダブリンの鐘つきカビ人間」主役を演じるのは佐藤隆太

これまで大倉孝二(2002年)、片桐仁(2005年)が演じたカビ人間役には、テレビ映像での活躍が顕著な佐藤隆太がキャスティングされました。

舞台出演もこれまで幾つかありますが、今回の劇場はPARCO劇場。佐藤隆太の初舞台は1999年、PARCO劇場でことでした。今回はその劇場で主演!ということで更に期待が高まります。

”佐藤隆太の演技が観客の想像力を喚起するはず。巧さだけでは表現不可。彼の持つピュアさが武器になるでしょう。”
(引用:スタッフ・キャストコメント)

という演出家G2の言葉からも、今回の再演に向けての気合が感じ取れますよね。

「ダブリンの鐘つきカビ人間」ヒロインおさえ役 東京パフォーマンスドール 上西星来!

カビ人間と心を通わせる本音と逆のことを言ってしまう病にかかった少女「おさえ」役には、アイドルグループ東京パフォーマンスドールの上西星来(じょうにしせいら)が決定しました!

東京パフォーマンスドールとは、1990年から1996年まで活動していたアイドルグループでした。その後グループは活動停止、自然消滅的な解散をしたものの、2013年、新たにオーディションでメンバーを選び、新たに活動を再開しました。

他のアイドルグループにはあまりないことに挑戦をする、ことを目標にするグループに所属する上西星来は1996年8/14生まれの18歳。グループで上演していた演劇と映像、歌を融合したライブパフォーマンスに一年出演、その後テレビドラマ「セカンドラブ」でもレギュラーを獲得するなど、演技力を磨いています。

そして今回、2002年の水野真紀、2005年の中越典子に続く三人目のおさえに挑戦します。個性派俳優が揃うことに定評のあるこの「ダブリンの鐘つきカビ人間」でのフレッシュな芝居が今からとても気になりますよね!

「ダブリンの鐘つきカビ人間」10年ぶりの再演は見逃せない!

現時点ではまだキャストはカビ人間役佐藤隆太と、おさえ役上西星来のみが発表されているのみです。詳しいスケジュールや、続くキャスト発表など、続報が楽しみですね。チケットキャンプ(チケキャン)では、「ダブリンの鐘つきカビ人間」のチケットを取り扱いますので、ぜひゲットして、この名作に触れてみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。