レ・ミゼラブル 演劇ツウはマルチキャスティングを楽しむべし!

2015年4/17(金)から6/1(月)まで行われていたレ・ミゼラブル東京帝国劇場公演。見逃してしまった人も、まだ観たりない人もまだ大丈夫です!名古屋、福岡、大阪、富山、そして大千秋楽の静岡公演がまだまだあります!

2015年4/17(金)から6/1(月)まで行われていたレ・ミゼラブル東京帝国劇場公演。

見逃してしまった人も、まだ観たりない人もまだ大丈夫です!名古屋、福岡、大阪、富山、そして大千秋楽の静岡公演がまだまだあります!

6/10(水)からは、中日劇場でレ・ミゼラブル名古屋公演が始まります。

何度も観たくなる、レ・ミゼラブルのマルチキャスティング

4/17(金)の初日から9/24(木)の大千穐楽まで約5ヶ月の公演を行うレ・ミゼラブル。

その長い公演を支えるために、すべての役に複数のキャスティングがされています。今回一番多いキャスティングはエポニーヌとジャベールで、各4人ずつキャスティングされています。その他のプリンシパルキャストはすべて3人ずつです。

キャスティングはまるでパズルのようになっているため、目当てのキャストを一度に観れる機会が長い公演の中で数回しかない、などキャストスケジュールはファンにはチケットを取る際のとても大事な要素の一つとなっています。

気になる、レ・ミゼラブル2015年新キャスト

公演ごとにキャストの入れ替わりもあるレ・ミゼラブル。今回プリンシパルキャストには5人の新キャストが入りました

ジャン・バルジャン役ヤン・ジュンモ、ジャベール役岸祐二、コゼット役清水彩花、マリウス役海宝直人、アンジョルラス役上山竜治の五人です。コゼット役清水彩花さんは、2013年に公演された新演出版ではアンサンブルで参加、今年コゼットへの抜擢となりました。

ジャベール役岸祐二さんはデビューが戦隊ヒーロー主演でしたが、その後様々なジャンルへ活動の幅を広げて、ミュージカルでも良くお名前を拝見する俳優ですが、今回ジャベール役でのご出演となりました。

ジャン・バルジャン役ヤン・ジュンモさんはオペラ歌手からミュージカル俳優に転身された経歴の持ち主。韓国で数々のミュージカルの主演を務めている実力派。今回は日本語での主演ということで大きな挑戦となっていますが、見事な歌声を披露されています。

レ・ミゼラブル 新アンジョルラスには上山竜治、新マリウスには海宝直人

2011年から出演経験のある上原理生、2013年から出演の野島直人に続き、今回追加となった上山竜治は、昨年までRUN&GUNという男性ユニットに所属していましたが、俳優業に専念することを理由に2014年8月に卒業。

今回のレ・ミゼラブルが移籍後初の大きな舞台となりました。若く、力強いアンジョルラスを熱演しています。

海宝直人は8歳から舞台に立っている実力派。多くのミュージカル作品に出演していますが、レ・ミゼラブルには初挑戦。甘いマスクと優しい歌声でマリウスを好演しています。10月以降には劇団四季の「アラジン」で、タイトルロールを演じる予定もあるので今後がますます楽しみな俳優の一人ですね。

レ・ミゼラブルの他のオススメ記事

生の迫力を感じて!レ・ミゼラブルを見に行こう

新キャストも増えてますます盛り上がるレ・ミゼラブル。チケットキャンプ(チケキャン)ではレ・ミゼラブル各地方のチケットを取り扱っています。ぜひお近くの劇場まで足を運んでみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。