ついに開幕!劇団四季「アラジン」島村幸大さんに注目!

5/24(日)、ついに劇団四季の「アラジン」が開幕しました!ゲネプロから、初日に出演すると思しきキャストが判明し、ファンの間ではキャスティングも話題に。そして迎えた初日、3人候補の居るアラジン役のなかから初日キャストとなったのは島村幸大!

5/24(日)、「ついに劇団四季のアラジンが開幕しました!

アメリカから作曲家アラン・メンケンも来日するほどの注目ぶりで、初日の劇場はとても賑わっていました!ゲネプロから、初日に出演すると思しきキャストが判明し、ファンの間ではキャスティングも話題に。

そして迎えた初日、3人候補の居るアラジン役のなかから初日キャストとなったのは島村幸大さんでした!

劇団四季「アラジン」 オリジナルキャスト 島村幸大さんとは

島村幸大さんの入団は2008年。国立音楽大学の声楽科を卒業後、即戦力オーディションを受けた際に、研究所の入所を薦められ、それから現在まで劇団四季のたくさんの舞台でご活躍されています。

4歳から日本舞踊を初め、19歳で師範の免状を取った島村さんでしたが、高校生の時にはじめて観たミュージカル「マンマミーア」からミュージカルの世界を志したそうです。高校ではピアノ科だった島村さんでしたが、高校3年生の夏に進路を音楽大学の声楽科へ変更。

ピアノを専攻することなく、大学では日本語歌謡曲を専攻していたことで現在のミュージカル出演につながってきたようです。

劇団四季での活躍は?持ち役は?

島村幸大さんといえば、ライオンキングでのシンバ役の出演が多くあります。入団した2008年の9月にアンサンブルで出演、翌年1月まで続けた後、半年後シンバとしてデビューをしました。以来、7年に渡りシンバを演じています。

高音を必要とする持ち歌があることなどから、コンディションの維持には気を遣っていらっしゃるそうです。

また、むかしむかしゾウがきた、という、ファミリーミュージカルの主役も演じています。中国から連れてこられたゾウと心を通わせる太郎坊という優しい少年の役で、日本の伝統芸能が取り込まれた舞台ということもあり、過去に勉強していた日本舞踊の知識がとても役に立ったそうです。

5/24、日本初演劇団四季「アラジン」でアラジン役デビュー!

今回舞台版のアラジンは、アニメの設定では10代の少年だったところを20代の青年として描かれているそうです。

砂漠の王国を舞台とした冒険と、お姫様であるジャスミンとの恋を表すためにも必要な年齢変更だと感じますね。

とても華やかで、エンターテイメント性が高いステージですが、それだけではなく、ストーリーには深い感動があります。言葉を通して作品のドラマをしっかり伝えられるよう、誠実にまっすぐに役と向き合っていきたいです
(引用:ガジェット通信)

とマスコミ向けの公開最終稽古のあとのインタビューで意気込みを語っていたとおり、とても魅力的なアラジン像に仕上がっているようです!

ランプの精ジーニーとの友情、美しいジャスミンとの恋。島村さんの演じ方に期待が高まりますね。

劇団四季のオススメ記事はこちら

劇団四季「アラジン」を見逃すな!

開幕し、ますます盛り上がりを見せる劇団四季「アラジン」。来年12月までのチケット発売も決定し、勢いは衰えることを知りません!チケットキャンプ(チケキャン)ではアラジンのチケットを取り扱い中です!現在出演中以外のキャストのデビューも控えるアラジンを、ぜひお見逃しなく!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。