“男花魁”が魅せる「ハンサム落語」の出演者&見どころは?

2013年より始まった、実力派のイケメン役者2人のかけあいによる古典落語が楽しめるイベント、ハンサム落語。ここでは、これまでにハンサム落語で古典落語を披露した、歴代出演者を振り返っていきたいと思います!

2013年より始まった、実力派のイケメン役者2人のかけあいによる古典落語が楽しめるイベント、ハンサム落語。「男花魁」という世界観で、古典落語を現代風にアレンジすることで、若いファン層を増やしています。普段なかなか触れることのない古典落語を、イケメンと一緒に堪能できる、とっても贅沢な時間ですよね。

さて、そんなハンサム落語の第六幕開催が決定しました!今回も、前回同様総勢10名のハンサムたちが、私たちを古典の世界へと誘ってくれます。そこでここでは、これまでにハンサム落語で古典落語を披露した、歴代出演者を振り返っていきたいと思います!それではどうぞ!

最新公演「ハンサム落語」第六幕の出演者や見どころは?


(出典:youtube)

その前に、まずは最新公演となるハンサム落語第六幕について見ていきましょう。今回の演目は、錦明竹、はてなの茶碗、もう半分、たちきれ線香の4演目。

この演目を、磯貝龍虎さん、井深克彦さん、植田圭輔さん、植野堀誠さん、北村諒さん、桑野晃輔さん、平野良さん、松本寛也さん、宮下雄也さん、米原幸佑さんの総勢10名が、2人1組となって披露します。

組み合わせは発表されているものの、担当演目は本番までのお楽しみということで、予習としてこれらの演目を聞いてみるのも良いかも知れませんね。

ハンサム落語、歴代出演者をおさらい!磯貝龍虎

1人目は、磯貝龍虎さん!

龍虎さんといえば、ハンサム落語の皆勤賞!第一幕から公演を支えてきた、無くてはならない存在です。もちろん、最新の第六幕公演にも出演します。

さすがに全公演に出演されているだけあって、ファンからの評価も素晴らしく、ハンサム落語は龍虎さんの回を見ないと見た気がしない!なんていう方もいらっしゃるようです。

また、アドリブで自身の実話なんかも織り交ぜたりするのも上手で、とっても面白いんですよね。今回は、いったいどんなお話を暴露してくれるのか、そこにも期待です!

ハンサム落語、歴代出演者をおさらい!平野良

2人目は、平野良さん!

良さんも龍虎さん同様、ハンサム落語皆勤賞です!さすがに安定感が違いますよね。

また、共演する演者さんとのアドリブの掛け合いも最高です。例えば、演目で奥さんとの別れの場面が出てきた際、自身の別れ話を披露するという場面ではこんな話も飛び出しました。

小学生の時、長年使っていた二層式の洗濯機を新しい洗濯機に買い換えることになり、洗濯機への愛着から大泣きした…。そう、家電とのお別れ話を披露されたんです。こうしたユーモアが次々に飛び出すのが、ハンサム落語の良い所ですよね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。