ラーメンズ小林賢太郎の底知れぬ魅力に動画で迫る!

お笑いコンビ「ラーメンズ」として活躍し現在ではコメディアンの他俳優や劇作家、パフォーミングアーティスト、演出家、漫画家と多才な活動を続けている小林賢太郎。今回はラーメンズやソロパフォーマンスを比較しながら彼の魅力に迫っていきます。

お笑いコンビ「ラーメンズ」として活躍し、現在ではコメディアンの他俳優や劇作家、パフォーミングアーティスト、演出家、漫画家と多才で精力的な活動を続けている小林賢太郎

現在は舞台を中心に劇作家、パフォーミングアーティストとしてほとんどテレビで顔を見る機会が無いにもかかわらず多くのファンに支持されています。

そんな彼は「言葉遊び」や「アーティスティック性」時には「笑い」も武器にしながらシニカルでミニマムな舞台を創りあげて、見る人を虜にし続けていますね。

今回はラーメンズやソロパフォーマンスを比較しながら、小林賢太郎の魅力に動画を交えつつ迫っていきたいと思います。

小林賢太郎と片桐仁のお笑いユニット「ラーメンズ」 一度ハマるとやめられない!

小林賢太郎と片桐仁の2人で1996年に結成されたラーメンズ。

2人共多摩美術大学時代の同級生で、学業そっちのけでお笑いに励んでおり卒業間近に小林賢太郎が片桐仁を口説き落として結成されました。2人共美大卒だけあってどこかアーティスティックな感性を感じさせるコントが特徴です。

1999年のNHK爆笑オンエアバトルで一気に知名度を上昇させ人気が出ましたが、現在はTV出演は少なく舞台が中心なので、知る人ぞ知るお笑い芸人としてコアなファンを持っています。見たことない方はぜひチェックしてみてください!一度ハマるとやめられません。

「短髪アゴなし」と「髪の毛もじゃもじゃ」のコンビのインパクト強すぎですね。俳優・劇作家など多数の顔をもつ小林賢太郎が脚本・演出を務めており、シュールなものから底抜けに明るいもの、可笑しいのに妙に感動するコントなど様々な角度から切り込む芸風は業界内でもファンが多く、確固たる地位を築いています。

小林賢太郎のソロ・プロジェクト「POTSUNEN」がアツい!

小林賢太郎が立ち上げたソロ・プロジェクトPOTSUNEN(ぽつねん)は日本語で「ひとりでさびしそうにしているさま」を表す通り一人芝居なんですが、出演・脚本・美術など全てを小林賢太郎がプロデュースしている作品です。

故にPOTSUNENからはラーメンズの際に比べて、小林賢太郎の個性や独創性が更に強く感じられますよね。また演劇とコントの中に笑いを含めるというスタイルは、今までには無かったような他と一線を画した独特なもので、海外でも注目されフランス公演を成功させています。

小林賢太郎のファンはもちろん演劇のファンにも人気が非常に高い舞台となっておりチケットの入手が非常に困難で、ファンからすれば「チケットがとれるだけで幸せ」というほどです。

またラーメンズの舞台と比べると美術的な要素、道具や舞台装飾などがより繊細なものになっていて、細かい表現もできる世界観を垣間見ることができます。またPOTSUNENの舞台の中ではラーメンズのネタがちょいちょい混じることがありますので、事前にラーメンズのネタに関してもチェックしておくと更に楽しめますよ。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。