2015年RENT再演決定!歴代キャストを振り返る!

2015年9/8(火)よりシアタークリエで、ミュージカルRENTが上演されます!

約3年ぶりの再演に今回はキャストを一新。

また新たなRENTが開幕します。

RENTは12年続いた歴史あるミュージカル!

RENTは、アメリカのオフブロードウェイで1996年に始まり、オンブロードウェイでもロングランを重ね、12年続いた歴史あるミュージカル。現在では、ツアー公演が各地で行われています。

2005年に作成されたオリジナルキャストも出演した映画版でご存じの方も多いと思います。日本では、1998年にオリジナルプロダクションとして初演を行いました。キャストは常にフレッシュな面々が揃っており、過去には、山本耕史、森山未來、福士誠治など、テレビでも活躍する俳優が出演したことも毎度話題になりました。

そして今回の公演でマークを演じるのは、最近舞台「弱虫ペダル」の主人公役で人気急上昇中の村井良大。

俳優デビューは2006年の舞台「赤毛のアン」という、生粋の舞台人。これまでにも「風魔の小次郎」「里見八犬伝」「シアワセでなくちゃいけないリユウ」など数々の舞台で主役や重要な役どころを務め、舞台にかけるストイックな姿勢が評価されています。

ミュージカルの出演としては「テニスの王子様」(宍戸亮役)、音楽劇「醒めながら見る夢」、「私のダーリン」と、まだまだ経験は少なめ。ただ、それをカバーする高い演技力が評判な村井さん。新しいマークへの期待も高まっています。

RENTの出来を決めるのはマーク役 初代マークは山本耕史

RENTのストーリーは、映像作家のマークの目線で進んでいきます。マークはこの作中で、狂言回しの役割を担っています。ですから台詞にナレーションも多いです。もちろん歌もダンスもある、とても難しい役所です。

メインキャスト8人の中から、今回はマークのキャストに注目してみましょう!

初演(1998年)~再演(1999年)この二回は、山本耕史が演じました。ドラマに出演しているイメージが強い彼ですが、舞台デビューはなんと10歳の時、レ・ミゼラブルでガブローシュ役を演じています。

RENTに出演したのは21歳の頃。この出演が彼のその後の役者観を変える舞台となったそうです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。