眠れぬ夜のホンキートンクブルース、続編上演決定!

ホストマンコメディー「眠れぬ夜のホンキートンクブルース 第二章」の続編が5/30(土)から上演されます!同作が第二章に突入したのは昨年5月。今回は、第二章~飛躍~として、その後のストーリーが上演されます。

ホストマンコメディー「眠れぬ夜のホンキートンクブルース 第二章」の続編が5/30(土)から上演されます!

同作が第二章に突入したのは昨年5月。

今回は、第二章~飛躍~として、その後のストーリーが上演されます。

眠れぬ夜のホンキートンクブルースって?

眠れぬ夜のホンキートンクブルースは、2005年、水木英昭プロデュースとしてスタートしたシリーズ。ホストクラブを舞台に、プロデュースしている水野英昭もオーナー役として出演していたこの作品は、2008年に一度完結。それから5年後を舞台設定とし、第二章として、昨年、2014年5月に続編をスタートさせました。

その際出演者は、オーナー役の津田英佑演じる「政秀」を残しキャストを一新。さまざまな舞台ですでに活躍している人気若手俳優達が顔を揃えています。

今回の公演は、「第二章~復活~」の続きに当たる「第二章~飛翔~」。公演期間は2015年5/30(土)から6/19(金)の仙台公演まで、全国5ヶ所の会場で行われます。開幕前に、今回のあらすじと、キャストを確認しておきましょう!

眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章~飛躍~のあらすじ

前回の~復活~では、店のモットー「女性を癒す」を外れた接客で変わり果てたホンキートンクが紆余曲折がありながらもホスト達が一丸となり、問題を解決し元ある姿に戻るまで、が描かれていました。

今回は、ホンキートンクに人気声優有働倫也(椎名鯛造)が現れることから物語は進んでいきます。

翔(鈴木拡樹)と流星(河原田巧也)と同じ児童養護施設出身の倫也。彼との再会から翔の過去が明らかになり、そしてその過去がホンキートンクの行く末を握っていて… というあらすじです。笑って楽しめるホストマンコメディの最新作、劇場で楽しみたいですよね。

眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章~飛躍~のキャストは?

ホンキートンクで働くホスト達を演じるのは、数々の舞台で人気の若手俳優達。

ナンバーワンの翔は鈴木拡樹さんが演じています。2007年テレビドラマで俳優デビューした後はほとんど舞台での仕事を主にしている実力派。最近では弱虫ペダルの荒北靖友役の熱演が記憶に新しいですね。

翔が率いるジョジョメン5の面々。

義宗を演じる青柳塁斗さん、流星を演じる河原田巧也さん、麟太郎を演じる碕理人さんはミュージカルテニスの王子様出身の俳優です。それぞれテニミュ卒業後は舞台の仕事がとても多いようですね。

ノンノを演じる鳥越裕貴さんはイナズマイレブンの舞台でデビュー、以降は舞台を中心に活躍しており、彼も弱虫ペダルに出演、鳴子章吉を演じていました。

瞬平を演じる増田裕生さんはメインは声優として活躍中。アニメテニスの王子様で仁王雅治を演じていることで知られています。

鳥越裕貴さんと碕理人さんは、前回公演には出演はなく、今回からの参加です。

その他、元ナンバーワンホストだった太陽を演じる野久保直樹さんは、テレビバラエティで活躍されていたことをご存じの方が多いと思います。また、オーナーである政秀役の津田英佑さんは、元々はミュージカル俳優で、声優としても知られています。映画アナと雪の女王・ハンス役で歌声を披露していましたね。

ヒューマンコメディ「眠れぬ夜のホンキートンクブルース」の第二章続編を劇場で!

笑って泣けるホストコメディ、眠れぬ夜のホンキートンクブルース。すでに全公演分のチケットが完売間近です!そんな大盛況な舞台を劇場で是非お楽しみください!チケットキャンプでは、眠れぬ夜のホンキートンクブルースのチケットを取扱中です。ぜひご覧くださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。