太夫・三味線・人形の3つが一つとなった総合芸術である文楽は、江戸時代の初期から脈々と受け継がれてきた、日本が世界に誇る伝統芸能。ユネスコによって人類の無形文化遺産の代表的な一つとしてリストアップされるなど、世界的にも認められている文楽。しかし知ってはいても観たことがある人は、多くはないかもしれない。太夫と三味線のお互いの意気の合わせながらの競演、様々な鍛錬によって培われた太夫の語り、紆余曲折を経ながらも現代まで受け継がれてきた伝統芸能の世界は、一度目にすればその素晴らしさを感じるはずだ。

文楽の日程

247人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

文楽のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

文楽 について

文楽 の魅力とは

文楽は、古くは人形浄瑠璃の名で親しまれ、竹本義太夫の義太夫節や近松門左衛門の「国性爺合戦」や「曽根崎心中」などは当時非常に高い人気を集めて隆盛を極めた伝統芸能。世話物と言われる江戸時代の町人の義理と人情を描いた作品から、時代物と言われる作品など、現代にも通ずるようなテーマの作品から、歴史を切り取った作品に至る様々な作品が現代まで受け継がれてきた。

文楽の公園では、家族や子供向けの鑑賞チケットや、気軽に楽しむことができる企画など、様々な公演が日本各地で開催されている。観たことない人も是非チケットを手に、日本の伝統芸能の素晴らしさを是非感じてみてほしい。

文楽が好きな方はこんなチケットもおすすめ