ファンタジア文庫は、株式会社KADOKAWA傘下の富士見書房が出版するライトノベルの文庫レーベルだ。1988年に創刊されたライトノベル・コミック誌「ドラゴンマガジン」と共に創設された。ファンタジー世界を舞台にした作品群が中高生を中心にした多くの読者の人気を集めている。1990年から刊行されている神坂一著の「スレイヤーズ!」シリーズは2000万部を超える爆発的ヒットとなり、ライトノベルの金字塔的作品となった。その他にも秋田禎信著の「魔術士オーフェン」、庄司 卓著の「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」、賀東招二著の「フルメタル・パニック!」などの大ヒット作を刊行し、ライトノベル界を牽引してきた。2016年10月にはファンタジア文庫大感謝祭として、メディアミックス作品の声優陣によるステージや人気作家たちによるサイン会などが行われる。ファンには見逃せないイベントだ。

ファンタジア文庫の日程

16人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ファンタジア文庫の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ファンタジア文庫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

ファンタジア文庫について

ライトノベルのメジャーレーベル、ファンタジア文庫の魅力とは

中高生を中心に人気の高いライトノベルの大手レーベル・ファンタジア文庫は、1988年に株式会社KADOKAWA傘下の富士見書房により創設され、これまで数々のヒット作を出版してきた。ライトノベルという言葉が最初に用いられたのは1990年と言われ、その年に刊行された神坂一著の「スレイヤーズ!」は、シリーズ延べ2000万部を超えるメガヒット作品となった。「スレイヤーズ!」は、本編となる長編シリーズと月刊コミック誌「ドラゴンマガジン」連載の短編シリーズの2部構成という手法をとり、アニメ・ゲームなどとのメディアミックス戦略を確立した画期的な作品として、後世に大きな影響を与えた。
1989年に「ファンタジア大賞」、2007年にはKADOKAWA系列の4社により「ライトノベルアワード」を創設し、多くのライトノベル作家・エンターテインメント作家を輩出してきた。
2016年10月には「ファンタジア文庫大感謝祭」が開催される。メディアミックス作品「クオリディア・コード」「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」「フルメタル・パニック」「ハイスクールD×D」「冴えないラジオの育て方 Again」の人気声優陣がステージに登場するほか、作家・イラストレーターによるサイン会が行われる。ファンタジー世界の主人公たちと出会える絶好のチャンスだ。

ファンタジア文庫が好きな方はこんなチケットもおすすめ