舞劇 dance drama 朱鷺とは日中友好作品として公演される上海歌舞団による舞台作品。セリフを用いない踊りだけで表現する「舞劇」により日本と中国を結ぶ舞台作品を制作、公演、2国が1つになるまたとない瞬間であり幻想的で見応えのある舞台作品となっている。物語のテーマは「朱鷺(トキ)」。日本にとって非常に深い関わりを持つこの朱鷺を主人公に、1人の青年との出会いと愛のストーリーを紡いでいく。本作は2014年に日本にてプレビュー上演が行われ、翌2015年に本舞台が上演されている。2017年には再びの来日公演が決定し、日本国内3か所で最高峰の舞台が幕を開ける。テーマは日本、演じるのは中国の本格的な共同制作に完成度の高さはもちろん確かな絆も感じることができる。

舞劇 dance drama 朱鷺の日程

74人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

舞劇 dance drama 朱鷺の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

舞劇 dance drama 朱鷺のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 06:00更新)

舞劇 dance drama 朱鷺について

舞劇 dance drama 朱鷺の魅力とは

舞劇 dance drama 朱鷺とは日本で保護活動の行われている朱鷺(トキ)と中国最高峰のダンス集団「上海歌舞団」を融合させた日中共同制作の舞台作品。2015年に日本全国で公演され多くの観客を動員した作品であり、2017年には日中国交正常化45周年記念作品として再び上陸が決定。美しく芸術的な朱鷺の姿が再び日本のステージへと降臨する。中国国内でも高い実力を誇る演劇集団「上海歌舞団」、彼らを演じ手とし4年にものぼる構想の果てに2014年に初めての上演に成功。物語の主役は日本と中国、両国で古くから貴重な存在として崇められてきた朱鷺の仙女。彼女と人間の青年が出会うことから壮大な物語が幕を開ける。本作は2部構成となっており、1部と2部で披露されるダンスの種類や世界観が異なってくる。その中では一切のセリフがなく、踊りと音楽、そして舞台だけで全ての感情を表現する。その圧倒的な表現が成せるのも上海歌舞団の力であり、両国共同制作となる力の証明である。近年時折り危険なムードを漂わせる日中を含めたアジア間。その中で少しでも距離を縮める努力をする者の存在が明らかとなる舞台であり、制作陣の並々ならぬ想いが伝わってくる。2017年版は東京、大阪、名古屋での開催が決まっており、今再びステージ上で舞う華麗な姿を是非目に焼き付けたい。

舞劇 dance drama 朱鷺が好きな方はこんなチケットもおすすめ