第119回芥川賞を受賞した、藤沢周作のベストセラー小説「ブエノスアイレス午前零時」が、映画監督として「世界の中心で愛を叫ぶ」や「GO」、「北の零年」など数々の話題作を世に送り出してきた行定勲による演出と、劇団モダンタイマーズの舞台をはじめ、様々な舞台やテレビ、映画を手がける注目の若手劇作家の蓬莱竜太の脚本によって、遂に舞台化される。ダンスホールのある田舎のひなびた温泉ホテルを舞台に、ホテルの従業員のカザマと、社交ダンスツアーでホテルにやってきた痴呆気味で他の客からも厄介者扱いされる老嬢との出会いと、彼女の語るアルゼンチンの物語。田舎の雪深い温泉ホテルとアルゼンチンという、対極にある風景がクロスオーバーする独特の世界観で話題を集めた「ブエノスアイレス午前零時」が、舞台でどのように表現されるのか、注目が集まります。

ブエノスアイレス午前零時の日程

34人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ブエノスアイレス午前零時の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ブエノスアイレス午前零時のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

ブエノスアイレス午前零時 森田剛出演舞台

ブエノスアイレス午前零時の魅力とは

主演のカザマ役にはV6の森田剛、そして老嬢役には原田美枝子、そして老嬢の若い時代には瀧本美織と、豪華な顔ぶれが揃った本作は、チケットも入手困難になること間違いないでしょう。社会からドロップアウトし、故郷の温泉宿で働く若い男と、他の客からも疎まれる老嬢という、お互いに孤独を抱えた二人。そして情熱的なアルゼンチンタンゴ。是非チケットを手に、そんな二人の交流から起こる奇跡を見届けてください。

ブエノスアイレス午前零時が好きな方はこんなチケットもおすすめ