新BS日本のうたは、NHKBSプレミアムが2015年4月より毎週日曜日に放送している音楽番組。同番組は、1997年に企画された「BS20世紀日本のうた」をベースに1998年から放送された「BS日本のうた」を大幅にリニューアルしたもの。日本人が長年にわたり歌い続けてきて今も心に深く残るスタンダードナンバーの数々を紹介する。演歌、歌謡曲だけでなく、広く邦楽、フォークソング、ポップスなどジャンルを問わず紹介している。毎週木曜日に、全国各地の音楽ホール、公民館などで行われる公開録画で、番組の案内役には伊東四朗、進行は当日出演の歌手から選ばれた2人(組)が担当する。新BS日本のうたでは「究極の9曲」や「スペシャルステージ」、「イマオシ」、「あの歌に再会」のコーナーがあり、有名歌手により毎回30曲前後が紹介される。

新BS日本のうたの日程

61人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

新BS日本のうたのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

「新BS日本のうた」について

「新BS日本のうた」の魅力とは

NHKBSプレミアムが放送する新BS日本のうたは、日本人の心に深く残っている名曲、長年親しまれてきた日本のスタンダードナンバーともいえる名曲の数々を有名歌手により紹介する音楽番組。2015年4月より放送されている同番組は、毎週1回全国各地の音楽ホール、公民館などで公開録画され、放送は毎週日曜日午後7時30分、再放送は次週土曜日午後0時と次々週金曜日午後4時30分に行われている。

番組内容は、珠玉の名曲を当日出演の歌手が9曲メドレーで披露する「究極の9曲」、時代を鮮やかに飾り今も深く記憶されている名曲をゲスト自らが歌う「あの歌に再会」、大物歌手同士による夢の競演が繰り広げられる「スペシャルステージ」、新曲を紹介する「イマオシ」から構成されており、毎回30曲にも及ぶ名曲が紹介される。

曲の演奏はすべてBS日本のうた楽団による生演奏で行われており、臨場感を盛り上げている。収録地の地元の中学校・高校の合唱部や吹奏楽部がエキストラとして出演するのが恒例。同番組は、毎回大物歌手や有名歌手が出演し、懐かしい歌の数々を披露するほか、進行役の歌手同士のトークや掛け合いも楽しく、同番組の大きな魅力となっている

新BS日本のうたが好きな方はこんなチケットもおすすめ