バイエルン放送交響楽団は1949年創設されて以来、積極的なツアー活動により人気は高まり、瞬く間に世界に名を響すオーケストラへと発展したドイツを代表するシンフォニー・オーケストラである。同楽団の特徴は現代音楽への取り組みを伝統としており、また、ここ数年は新たに古楽の演奏にも力を入れはじめたことで演奏活動の幅を広げている。ツアーも中心的な活動の1つとして、ヨーロッパ全域をはじめ、アジア、北米、南米各地や日本の主要都市の一流ホールで定期的に演奏し、国内外で積極的にコンサートを行っている。同楽団は、さまざまなオーケストラの人気ランキングにおいて、世界のベスト10に選ばれているオーケストラ界の強者である。是非生で最高レベルの合奏能力を持つオーケストラを体感してほしい。

バイエルン放送交響楽団の日程

267人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

バイエルン放送交響楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

バイエルン放送交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

バイエルン放送交響楽団について

バイエルン放送交響楽団の魅力とは

バイエルン放送交響楽団とは、1949年、オイゲン・ヨッフムによって創設され、まだ長い歴史はないが、積極的なツアー活動によって人気は高まり、瞬く間に世界に名を響すオーケストラへと発展したドイツを代表するシンフォニー・オーケストラである。
レパートリーとサウンドの驚くべき幅広さは、歴代の首席指揮者だけではなく、個々の音楽家たちのレベルの高い柔軟性と技術によって支えられている。
バイエルン放送交響楽団の特徴は、現代音楽への取り組みを伝統としており、大半の演奏会では作曲家自身を指揮台に迎えている。ここ数年は新たに古楽の演奏にも力を入れ、演奏活動の幅を広げている。また、ツアーも中心的な活動の1つとして、ヨーロッパ全域をはじめ、アジア、北米、南米各地を訪れ、カーネギー・ホールや日本の主要都市の一流ホールで定期的に演奏し、国内外で積極的にコンサートを行っている。
現在5代目となる首席指揮者を務めているのは、団員からの圧倒的支持によって選ばれたマリス・ヤンソンスである。ヤンソンスは、指揮界において世界の頂点に立つ巨匠と言われ、2003年10月に就任して以来、高度な芸術的水準を保ちながら、団員との親密な繋がりを創り出し、バイエルン放送交響楽団とヤンソンス自身の成功へと導いた。
同楽団は、さまざまなオーケストラの人気ランキングにおいて、世界のベスト10に選ばれているオーケストラ界の強者である。
そのため、公演の発表をするやいなやチケットはソールドアウトしてしまうこともしばしば。競争率は高く入手するには困難を極めるが、それだけの価値はあると言える。
ぜひチケットを手に入れ、洗礼された旋律を奏でるオーケストラ音楽を感じてほしい。

バイエルン放送交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ