竹中直人と生瀬勝久のユニット「竹生企画」による第2弾作品「ブロッケンの妖怪」。2011年に上演された『ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~』に引き続き、作・演出をペンギンプルペイルパイルズ主宰の倉持裕が手掛ける。物語の舞台は、大きな洋館の建つ孤島。霧の濃い日に、洋館の影が霧に映って海の上にもうひとつの洋館が現れるという「ブロッケン現象」を取材するために島を訪れた絵本作家の打越と担当編集者の黒柳が、洋館で起こる不思議な出来事や島の人々の思惑に巻き込まれていく様を描いたホラーコメディーだ。放浪癖があり、浮気性の打越役を竹中直人、黒柳役を生瀬勝久が演じるほか、洋館に住む女性・虹子役に高橋恵子、虹子の娘・小真代役に同作で舞台初出演を果たす佐々木希、使用人の稲井役に大貫勇輔、館に出入りする船乗り・泊役に田口浩正がキャスティングされている。

ブロッケンの妖怪 舞台の日程

96人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ブロッケンの妖怪の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ブロッケンの妖怪のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

ブロッケンの妖怪について

個性派俳優として活躍する竹中直人と生瀬勝久がタッグを組むユニット“竹生企画”の第2弾作品『ブロッケンの妖怪』で、彼らが4年ぶりに舞台に戻ってくる! 前作に続き、今回も人気劇作家の倉持裕を作・演出に招聘。すべてを手放そうとする者と、一つとしてこぼすまいと抱え込む者を中心に、霧に包まれた孤島で起きる不思議な物語を描く。本作が舞台初出演となる佐々木希をはじめ、バラエティに富んだ出演陣で送る笑いと怪奇が入り混じった書き下ろしホラーコメディだ。

竹中直人は、生瀬勝久との4年ぶりのタッグに「もう今から怖いです。ますますパワーアップした生瀬さんが目をむいて迫ってきそうで… 何とか踏ん張って受け止めようと思っています」と、緊張の構え。一方の生瀬勝久は「また全力で(竹中)先輩の胸をお借りして、すてきな舞台を創りたいと思っています」と抱負を語った。このほか、前作に続き、田口浩正が、洋館に生活用品を届ける船乗り役で出演。国際的な評価を得る大貫勇輔も、洋館の使用人役で登場する。作・演出は、前作に続き倉持裕が担当。10月下旬から12月中旬まで、東京・有楽町のシアタークリエ、東京・北千住のシアター1010など、全国各都市で上演される予定となっている。チケットの申し込みも殺到するだろう。

ブロッケンの妖怪 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ