ボクシング世界戦は、今ではテレビ中継されるようになり、スポーツ観戦では欠かせないものとなっている。その歴史は古く、1952年にまで遡る。その年、後楽園球場にて行われた世界フライ級タイトルマッチで白井義男が王者ダド・マリノを判定で下し、日本初の世界チャンピオンとなった。その後1954年にNBAに加盟し、そこから数々の世界チャンピオンを輩出していく。この頃から徐々にボクシングが注目されるようになり、スポーツとしての人気が国民に浸透してきた。2015年に行われた、6階級制覇を成し遂げたマニー・パッキャオと無敗のまま5階級制覇を成し遂げたフロイド・メイウェザー・ジュニアとの1戦は、世紀の1戦とも呼ばれ、WBCイベント・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた。白熱の試合をぜひとも生で観戦してほしい。

ボクシング世界戦の日程

235人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボクシング世界戦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/25 06:00更新)

ボクシング世界戦について

ボクシング世界戦の魅力とは

ボクシング世界戦は、見るものに感動と興奮を与えてくれる。ボクシングの世界は、過酷なスポーツであるがゆえ、各選手は年に数回しか試合をすることができない。これは他のスポーツと比較すると、圧倒的に少ない。しかし、この年間数回しかない試合に勝つために各選手がボロボロになりながら、減量とトレーニングをおこなっている。そんな1戦1戦をもう見逃さずにはいられない。

輪島功一やガッツ石松、具志堅用高らは、バラエティ番組などでも活躍しているため、テレビタレントだと思い込んでいる人も多いかもしれないが、実は彼らは日本のボクシング人気を支えた元世界王者たちだ。彼らがいたからこそ、今のボクシング人気が始まったといっても過言ではない。具志堅用高に関しては、世界王座13連続防衛の日本記録を持っているほどだ。

そして、現在ではその具志堅用高の持つ記録に王手をかけた山中慎介や、デビュー以来の12連勝で世界初挑戦にして世界王座に輝いた久保隼、ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した村田諒太、世界戦14勝の井岡一翔などスター選手が続々と出現してきている。

今までボクシングのことを知らなかった人、前は見ていたけど最近は見ていないという人、今注目が集まっているボクシング世界戦をぜひ見ていただきたい。興奮の渦に巻き込まれること間違いなし。

ボクシング世界戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ