ボクシングは、紀元前から行われているという説もあるほど歴史のある格闘技である。世界にはWBAWBC、IBF、WBOという4つの団体があり、日本のボクシングはJBCという団体が統括している。体格差が試合結果に影響する大きな要因となるため、階級はプロの場合最も軽いミニマム級から最も重いヘビー級まで、17種類に分類されている。日本からも、今ではタレントして活躍する具志堅用高や井岡弘樹など多くの世界チャンピオンが誕生している。日本人は体格的に不利なスポーツが多い中で、体格で分類されているボクシングでは多大な活躍を見せている。格闘技の中では比較的競技人口が少ないと言われているボクシングだけに、より多くのチャンピオンを輩出してボクシング熱をさらに盛り上げてくれることに期待したい。

ボクシングの日程

38人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボクシングのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 06:00更新)

ボクシングについて

ボクシングとは

ボクシングは世界中で行われている格闘技であり、一説によるとその起源は紀元前まで遡るというほどの歴史を持つ。
世界にはWBA、WBC、IBF、WBOという4つの団体があり、日本のボクシングはJBCという団体が統括している。

ボクシングは体重別に階級に分けられており、プロの階級の区分は105ポンド(47.627kg)以下のミニマム級から200ポンド(90.719Kg)超のヘビー級まで17種類に分類されている。これまで日本人も数多くの世界王王者を輩出しているが、日本人が世界王者になったことのある階級は全てミドル級以下であり、スーパーミドル級以上の階級で日本人がチャンピオンになったことは未だない。

2016年現在、世界チャンピオン在位中の日本人はバンタム級の山中慎介をはじめとした6人である。柔道や剣道といった日本古来の武術と比べると、競技人口が少ないと言われているが現在チャンピオンに君臨している選手を中心とした現役選手の奮闘で少しでも競技人口が増えることに期待したい。
実はかなりの頻度で試合が行われているのが、ボクシングの特徴でもある。
近くのホールなどで試合が行われていたら、ぜひ足を運んで試合の熱気を直に感じてみてほしい。

ボクシングが好きな方はこんなチケットもおすすめ