TOWER RECORDS主宰のイベント「Bowline (ボウライン)」。ラウドからパンクロックの人気バンドが大集結する「肉食」をテーマにしたフェス。Bowlineとはロープの端に固定した輪をつくる際の強度の高い結びかたのひとつで、音楽ファンと音楽、そしてアーティストを簡単にはほどけない結び方でつなげたいとの思いが込められています。1組のキュレーターが出演アーティストを選び、演出の企画をタワーレコードと共同で行う。今年のキュレーターを務めるのはキュウソネコカミ。共に音楽シーンを噛み付いていきたいと思うアーティストを集めたラインナップに注目だ。

Bowline(ボウライン) 2016の日程

797人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Bowlineの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Bowlineのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

Bowline(ボウライン) 2016について

Bowline(ボウライン) 2016の魅力とは

Bowline(ボウライン)はTOWER RECORDSが主宰する音楽イベント。毎回1組のアーティストがキュレーターとなって思い思いにアーティストを選定し、会場の演出を担当する。そのためキュレーター色が非常に色濃いライブの雰囲気になる。

初開催の2013年 横浜アリーナ公演を皮切りに、全国で開催されている。MAN WITH A MISSION、10-FEET、クリープハイプ、Crossfaithなど他にも名だたるアーティストがキュレーターを務めてきたBowline。

そして今回はキュウソネコカミがキュレーターの大役に挑む。
「一緒に音楽シーンに噛み付いていきたいアーティスト」をテーマにフレデリックや夜の本気ダンス、忘れらんねえよ、ゲスの極み乙女など強烈かつ豪華なバンドが一堂に会す。

また、タワーレコードのYou Tube公式チャンネルではキュレーターの特別番組を見ることができる。ライブ当日までに気分を高められるので必見である。
キュレーターと出演アーティスト達の強い「結びつき」は見逃せない。
チケットを入手して「Bowline(ボウライン)」で完全燃焼せよ!

Bowline(ボウライン) 2016が好きな方はこんなチケットもおすすめ