「Bowline(ボウライン) 2017」はタワーレコードが選出された1組のアーティストと共に作り上げるライブイベント。「Bowline」とはロープの端に固定した輪を作り出す結び方の一つで、結んだ際の強度が高く「結び目の王」とも呼ばれている。その結び目のように音楽ファンやアーティスト達の結びつきを強めたいという想いから名付けられた。主催のタワーレコードが1組のアーティストをキュレーターとし、出演アーティストの選定や会場演出などを共に決めるといった方式で行われている。これによって、キュレーターであるアーティストと出演するアーティストとの一体感のあるライブをファンに届けることが目的だ。このイベントは日本各地で公演される。ぜひとも足を運んでみてほしい。

Bowline(ボウライン) 2017の日程

924人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Bowlineの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Bowlineのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 06:00更新)

「Bowline 2017」について

「Bowline 2017」の魅力とは

ファンはもちろんのこと、アーティストたちも大事にしたタワーレコード主催のライブイベント「Bowline 2017」。「Bowline」とは結んだ際の強度が高く「結び目の王」とも呼ばれる結び方の一つのことである。これにあやかりファンやアーティストたちの間に決してほどけないほどの強いつながりを持ってもらう、あるいは実感してもらうことを望んで名付けられた。

その精神に基づいたライブイベントを行うために毎回1組のアーティストをキュレーターとし、そのアーティスト共に出演アーティストの選定や会場演出を考える方式で企画されている。これによって、キュレーターであるアーティストと出演アーティストたちの一体感を高め、他にはないライブイベントを作り上げている。

第11回目となる2017年公演のキュレーターは「ブルエン」ことBLUE ENCOUNT。彼らを敬愛するアーティストたちが初の対バン形式で10月に開催される。札幌を皮切りに、仙台、福岡、広島、東京、沖縄と全国6カ所での公演が決定。音楽を愛する人々のための特別なライブイベント「Bowline」で心も体も温まろう。

Bowline(ボウライン) 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ