Bow Singing Workshop」は、2016年6月から11月にかけて宝塚バウホールで行われる宝塚歌劇の公演タイトル。構成・演出は中村 一徳、音楽監督は吉田 優子が務める。ワークショップという形で、宙組星組雪組花組月組の順で全組が3日間ずつ公演する、宝塚歌劇としては変則的な公演だ。「Bow Singing Workshop」の出演者は「研究科9年以下(2016年公演なので94期以下)」で構成される。タイトルや「これまでの公演の曲やミュージカル等の名曲に挑戦する」という公演内容から、「Bow Singing Workshop」では、歌唱力のある生徒を中心に抜擢されることが予想される。今後の宝塚歌劇を担う若手を育成し、ファンも若手スターの成長を楽しめる公演となりそうだ。

バウワークショップの日程

578人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 バウワークショップの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 バウワークショップのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

バウワークショップについて

2016年、宝塚歌劇102周年の年に上演されるバウホール公演が「Bow Singing Workshop」だ。「ワークショップ」という名の通り、「Bow Singing Workshop」では研究科9年以下の生徒が中心となってコンサートが上演される。6月から、宙組、星組、雪組、花組、月組の順で全組が3日間ずつ公演することが決定している。

「Bow Singing Workshop」の構成・演出は中村 一徳先生、音楽監督は吉田 優子先生が務める。「Singing」と名の付く公演にふさわしく、「Bow Singing Workshop」ではこれまでの宝塚歌劇公演で歌われた楽曲や、ミュージカルナンバー、世界で親しまれている名曲の数々に若手メンバーが挑戦することになる。各組の若手スターの中でも、「Bow Singing Workshop」の出演者は歌唱力中心に選抜されそうだ。

全組で公演されるとあって、ファンの期待も高まっている「Bow Singing Workshop」。ただ、懸念としては各組の公演とも公演期間が3日間しか無いところ。若手スターのワークショップとはいえ、各組の研究科9年以下には人気のある生徒が揃っている。これまでショーでは活躍の機会の少なかった若手にスポットがあたるとあって、「Bow Singing Workshop」の観劇を望むファンは多い。「Bow Singing Workshop」は、2016年の宝塚歌劇の中でも、かなりチケット入手が難しくなりそうだ。

バウワークショップが好きな方はこんなチケットもおすすめ