ボストン交響楽団はアメリカ マサチューセッツ州のボストンを拠点に活動するオーケストラである。シカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団と並びアメリカの5大オーケストラの1つとして知られ、人気の高いボストン交響楽団。マサチューセッツ タングルウッドにて毎年開催される世界的に有名なタングルウッド音楽祭のレジデンスオーケストラも務めている。1881年にヘンリー・リー・ヒギンソンにより創設され、世界中から著名な指揮者を招き、それら首席指揮者の歴史がボストン交響楽団の歴史といっても過言ではない。2017年には来日公演も控えており、アンドリス・ネルソンス率いるその演奏に期待が寄せられている。

ボストン交響楽団の日程

87人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボストン交響楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボストン交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

ボストン交響楽団について

ボストン交響楽団の魅力とは

ボストン交響楽団はアメリカの5大オーケストラ、Big Fineの1つとして知られるオーケストラである。1881年にヘンリー・リー・ヒギンソンにより創設され、イギリスでナイトの称号を授与されたジョージ・ヘンシェルやウィーン楽友協会演奏会の監督などを歴任したヴィルヘルム・ゲーリケ、チャイコフスキーから“魔術に没頭するような”指揮と称されたアルトゥル・ニキシュなど、外国から首席指揮者や指導者を多く招くのが特徴だ。

1924年にレナード・バーンスタインの師としても知られているセルゲイ・クーセヴィツキーを迎えると、この頃からボストン交響楽団の知名度も上昇。タングルウッド音楽祭を開催するようになったのもこの頃からである。1973年からは音楽監督に日本を代表する音楽家 小澤征爾を迎えると、小澤はボストンの市民に愛され、これまでで最も任期の長い音楽監督として活躍した。2004年からは初のアメリカ出身のアメリカ人指揮者となったジェームズ・レヴァインが音楽監督に就任。2017年現在はアンドリス・ネルソンスが音楽監督を務め、任期を2022年までとしている。2017年11月にはKDDIスペシャルとしてボストン交響楽団の来日が決定。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」とショスタコーヴィチ「交響曲第11番 ト短調 作品103」を披露する。 

ボストン交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ