ブルーに生まれついて」はカナダとイギリス合作の伝記ドラマ映画である。1950年代にマイルス・デイヴィスをも凌ぐ人気を誇っていたトランペット奏者 チェット・ベイカーの半生を描いている。人種問題やドラッグの問題、恋愛や芸術に伴う葛藤などを時代の寵児と謳われたチェット・ベイカーの人生を通し描いた「ブルーに生まれついて」。イーサン・ホークのベストアクトも囁かれる今作は注目を集めている。第28回東京国際映画祭のコンペティション部門、第40回トロント国際映画祭で上映され、批評サイト「Rotten Tomatoes」では88%をマークしている。劇中で流れる名曲の数々や、6カ月に渡りトレーニングしたというイーサン・ホークのトランペットも見モノだ。

ブルーに生まれついての日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ブルーに生まれついての過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ブルーに生まれついてのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

ブルーに生まれついてについて

ブルーに生まれついての魅力とは

カナダとイギリス合作の伝記ドラマ映画「ブルーに生まれついて」。
1950年代にはマイルス・デイヴィスと紙一重の人気だったトランペット奏者 チェット・ベイカーの半生を描く。主人公のチェット・ベイカーを演じるのは1985年に映画「エクスプロラーズ」でデビューし、2001年の「トレーニング デイ」ではアカデミー助演男優賞にノミネート、俳優だけでなく監督、脚本と幅広く活躍するイーサン・ホーク。その他「ブルース・イン・ニューヨーク」や「プライド&グローリー」、「パージ:アナーキー」などで知られるカルメン・イジョゴ。「X-ファイル」などのテレビシリーズや「フィフティシェイズオブグレイ」などで知られるカラム・キース・レニーなどが作品に深みを加える。
監督はチェット・ベイカーの謎に満ちた死を扱った短編の制作もあるロバート・バドロー。人種問題やドラッグの問題など、恋愛や芸術に伴う葛藤を時代の寵児と呼ばれたチェット・ベイカーの人生を通し描いた「ブルーに生まれついて」。
イーサン・ホークのベストアクトも囁かれる今作は注目を集めている。映画の舞台になっている1950年代のアメリカはファッションを始め、音楽や様々な文化において新しい流れが生まれた時代。そんな若者カルチャーがどう描かれているかにも注目だ。

ブルーに生まれついてが好きな方はこんなチケットもおすすめ