Booing(ブーイング)は女性デュオユニットである。所属はエイベックス・ヴァンガード。橘 ゆりか・倉田瑠夏の2人で構成されているが、2人共以前はアイドルグループの「アイドリング!!!」に在籍していた。結成のきっかけは、アイドリング!!!の仕事で縁のあった、劇団コラソンの主宰者でありサッカー日本代表サポーター「ウルトラス・ニッポン」の支援者でもある植田朝日から、植田が監修する日本サッカー応援コンピレーションアルバムへの収録参加を打診されたこと。Booing(ブーイング)というユニット名はサッカーの「ブーイング」に由来している。結成の経緯にサッカーが関連した背景がある事から、サッカーに関する楽曲も展開している。

Booing(ブーイング)の日程

5人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Booingのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

Booing(ブーイング)について

Booing(ブーイング)とは

Booing(ブーイング)はエイベックス・ヴァンガード所属の日本の女性デュオユニットである。橘ゆりか・倉田瑠夏の2人で構成されており、愛称は橘ゆりかが「ゆりっぺ」「ゆりかる」、倉田瑠夏が「るぅちゃん」「るかぴーや」だが、Booing(ブーイング)での表記はそれぞれYURICA、LUKAとなっている。
2人共以前はアイドルグループの「アイドリング!!!」に在籍していたが、アイドリング!!!の仕事で縁のあった、劇団コラソンの主宰者でありサッカー日本代表サポーター「ウルトラス・ニッポン」の支援者でもある植田朝日から、植田が監修する日本サッカー応援コンピレーションアルバムへの収録参加を打診されたことがきっかけとなり、2014年に結成された。
アイドリング!!!メンバーとして、セレッソ大阪のイベントに参加した際に当時対戦相手のFC東京公認レポーターに就任していた橘ゆりかは、当然セレッソ大阪サポーターから「ブーイング」を浴びた。この時の出来事がグループ名の由来になっている。

音楽スタイルはパワー・ポップが主体で、ステージ衣装ではオリジナルのスカジャンを着るなど、若い2人のエネルギッシュな感性を感じることができる。

Booing(ブーイング)が好きな方はこんなチケットもおすすめ