ボニープリンスビリーはアメリカのシンガーソングライターである。これまでにパレス・ブラザーズやパレス・ソングス、パレス・ミュージックなど様々な名義で活動しており、現在はボニープリンスビリーとなっている。1993年に当時パレス・ブラザーズの名義で「Ohio River Boat Song」でデビュー。共作を含めるとこれまでに30枚以上のアルバムをリリースしており、アメリカのフォークソング、カントリーミュージックを語る上で避けては通れない代表的なアーティストと言える。2016年には実に12年ぶりとなる来日公演を敢行。京都、金沢、名古屋、東京の4都市を巡る公演だ。ボニープリンスビリーがコラボレーターのビッチン・バハスらと共に久々の来日ということでファンにはマストの公演間違いなしだ。

ボニープリンスビリーの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボニープリンスビリーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボニープリンスビリーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

ボニープリンスビリーについて

ボニープリンスビリーの魅力とは

アメリカのシンガーソングライター ボニープリンスビリー。1993年に当時パレス・ブラザーズの名義で「Ohio River Boat Song」でデビュー。共作を含めるとこれまでに30枚以上のアルバムをリリースしており、アメリカのフォークソング、カントリーミュージックを語る上で避けては通れない代表的なアーティストと言える。音楽だけに留まらず、若い頃から役者としても知られており、ジョン・セイルズ監督、クリス・クーパー出演の「メイトワン1920」に出演。そして日本未公開ながらもケリー・ライヒャルト監督の「Old Joy」では主演も務めている。
そして2007年にリリースされたカニエ・ウエストの「Can’t Tell Me Nothing」のミュージックビデオに出演し話題となった。非常に多作でコラボにも積極的に取り組むボニープリンスビリーは2016年、シカゴのトリオ ビッチン・バハスとの共作「Epic Jammers and Fortunate Little Ditties」をリリース。そして12年ぶりに京都、金沢、名古屋、東京の4都市を巡る来日公演を敢行する。コラボレーターのビッチン・バハスらと共に久々の来日ということでファンにはマストの公演間違いなしだ。

ボニープリンスビリーが好きな方はこんなチケットもおすすめ