世界を代表するロックバンドBON JOVI(ボン・ジョヴィ)が、新作『WHAT ABOUT NOW/ホワット・アバウト・ナウ』と共に日本にやってくる!3年ぶりの来日公演は見逃せない。しかも、本公演は東京・大阪共に約400席だけの限定VIPシートが用意されています。ステージ前のプレミアムな位置でBON JOVI(ボン・ジョヴィ)のロックロールを感じましょう。特典グッズやVIP専用のエントランスも用意され、特別なライブになることでしょう。

ボンジョビ(BON JOVI)の日程

36人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボンジョビの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

BON JOVI(ボン・ジョヴィ)について

BON JOVI(ボン・ジョヴィ)の魅力を徹底解剖

BON JOVI(ボン・ジョヴィ)はアメリカのハードロックバンド。メンバーはジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、リッチー・サンボラ(G)、デヴィッド・ブライアン(Key)、ティコ・トーレス(Dr)。また、ヒュー・マクドナルド(Ba)は長年サポートメンバーとして参加しており、第5のメンバーとも称されている。 1984年にデビューを果たすが、当時、アメリカではそれほど受け入れられなかった。

しかしその一方で日本では徐々に人気が上がり、翌1985年には『夜明けのランナウェイ(原題:Runaway、同名のアルバムに収録)』がドラマ主題歌に使われたほどだった。 その後、本国でも優れたアーティストとして認められるようになり人気も上昇。年間チャート1位を獲得るまでになった。現在までに12枚のアルバムを発表、1億2000万枚を超える売上を誇るモンスターバンドだ。 デビュー当初のメンバーの見た目は、いかにも80年代然とした(80年代だったのだから当然なのだが)ギラついたものだった。楽曲はその見た目よりは純粋でストレートなロックンロールが多く、少々シャウト気味のボーカルと華やかな演奏というスタイルを早い段階で確立していた。 現在の『ボン・ジョヴィ』はその音楽性を維持しつつ、無用な装飾部分をそぎ落とし、よりシンプルで直球なロックに昇華させている。それぞれの技術の高さとバンドとしての自信が感じられ、それが飛び抜けた安定感につながっているのだろう。

初めて売れた土地であることもあってか、『ボン・ジョヴィ』はかなりの親日家だ。今までにもアルバムの日本先行発売や、日本限定の公認ベストアルバム発売などを行ってきている。来日回数も非常に多く、その度にコンサートチケットは順調に売れ、各会場を満員にしてきた。そして2013年のドームツアーで、日本での『ボン・ジョヴィ』ライブは通算100回目を迎えるという。

BON JOVI(ボン・ジョヴィ)のライブの魅力とは

日本でも圧倒的な知名度を持つ、代表的ロックバンド「BON JOVI(ボン・ジョヴィ)」。アルバム「夜明けのランナウェイ」や、代表曲「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」は、プロモーションの展開方法の上手さや制作過程などが当時先鋭的なものであり、現代音楽の基礎となっているほどである。今も尚、世界の音楽シーンに影響を与え続けているビッググループであり、その勢いは留まることを知らない。ハードなサウンドに、ボーカルの「ボン・ジョヴィ」のパワフルなボイスがマッチした曲調は誰が聴いても心を動かされるほどのパワーを持つ。

そのハードなロックは世界中にファンを持つほど有名になったが、特に本国アメリカよりも日本の人気が高いとも言われるほど日本に多くのファンがおり、たびたび来日公演を行ってファンに勇姿を披露している。2013年にも3年ぶりに日本ツアーが行われることが決定しており、京阪のドームでライブを行う予定だ。全盛期から衰えを知ることないハードなパフォーマンスは健在であり、今もファンが求める高いハードルを超える演奏を披露してくれる。ドームクラスのキャパシティといえど今回もチケットはプラチナ化されることが必至。ファンであればなんとしてでも手に入れたいところだ。常にチケット関連の情報には気を配っていきたい。

ボンジョビ(BON JOVI)が好きな方はこんなチケットもおすすめ