INOKI GENOME FIGHTとはアントニオ猪木が創設した格闘技の団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」により2014年から開催される総合格闘技の大会。2007年に本団体を設立、同年に旗揚げ興行として「闘今BOM-BA-YE」を開催。かつての勢いから落ち込みつつあるプロレスを復興させるのを目的に、全盛期のプロレスを支えたアントニオ猪木により再び日本列島を熱く燃やす公演が行われる。結果旗揚げ興行は多くのファンが集まり大成功となる、そして以降プロレスと総合格闘技の両方を盛り上げるべく活動が展開される。日本国内での開催はもちろん2012年には中国は上海でも興行を開催。さらにK-1王者ミルコ・クロコップが参戦するなどその都度大いに観客を沸かせ、プロレス並びに格闘技の新時代を築きつつある。

INOKI GENOME FIGHTの日程

55人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

INOKI GENOME FIGHTの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

INOKI GENOME FIGHTのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 12:00更新)

INOKI GENOME FIGHTについて

INOKI GENOME FIGHTの魅力とは

INOKI GENOME FIGHTとは日本国内のプロレス復興を目的に設立された格闘技団体により開催される大会の名称である。アントニオ猪木が創設者となり2007年から本格始動する「イノキ・ゲノム・フェデレーション」。日本をはじめ中国での興行も成功に導き、かつての勢いを取り戻しつつあるプロレスの新たな展開と称して2014年に発表されたのがこの「INOKI GENOME FIGHT」である。
本大会は総合格闘技をメインとした大会でありこれとは別にこれまで通りのプロレスをメインとした大会「GENOME」、そして垣根無しのオールスター大会「INOKI BOM-BA-YE」も同時に開催している。本大会はプロレスとは違い非常に危険度の高い試合運びが見所で、膝蹴り、踏みつけなどプロレスでは見ることのできない過激な試合が展開する。そのため試合中の流血も見られ、酷い場合にはドクターストップもしくはレフェリーストップがかけられる。
大会を主催する「イノキ・ゲノム・フェデレーション」、通称IGFはその都度様々な展開を発表しておりそれにより興行が行われる場所も日本だけに留まらない世界各国へと訪れている。2011年にはIGF主催でチャンピオンシップトーナメントが開催されIGF王座を決める熾烈な争いが開催されている。

INOKI GENOME FIGHTが好きな方はこんなチケットもおすすめ