ボリショイバレエ団は、モスクワのボリショイ劇場を本拠地とし、サンクトペテルブルクのマリインスキー・バレエとともにロシアを代表するバレエ団であるボリショイ・バレエ。チャイコフスキーの三大バレエである「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」をはじめ、古典から新作に至るまで幅広い作品を世界各地で上演し、ロシアバレエ界ばかりでなく、世界のバレエ界を牽引する存在として君臨している。240年以上の歴史を持ち、政治・社会・経済情勢のさまざまな変化、困難を経ても変わらず「バレエ界の雄、バレエ界の華」として輝き続けている。華々しく舞い、雄弁に語る、ボリショイ・バレエの真髄を、心ゆくまでお楽しみいただきたい。

ボリショイバレエの日程

431人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボリショイバレエの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボリショイバレエのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/22 06:00更新)

ボリショイバレエについて

ボリショイバレエの魅力とは

ボリショイバレエ団は、これまで日本でも数多くの公演を行い、日本のバレエファンにとっては、世界のトップのバレエを観る事が出来るとあって、チケットは常に高い人気を集めている。今回の公演では、バレエ作品の一番人気であり古典作品の頂点に輝く「白鳥の湖」、そしてボリショイ・バレエが自信を持って披露する傑作悲劇「ジゼル」、さらに世界で熱狂を巻き起こしようやく日本に上陸する情熱的なステージ・パフォーマンスで観客を圧倒する「パリの炎」の3作品が上演される。ダンサーのみならず、オーケストラ、舞台スタッフの演出も期待されている。

出演者は、エカテリーナ・クリサノワ、オルガ・スミルノワ、ウラディスラフ・ラントラートフなど、これからのボリショイ・バレエを背負って立つ、期待の若手ダンサーが登場する事でも、大きな話題を集めている。また、舞踊監督を務めるのは、マハールベク・ワジーエフ。長らくマリインスキー・バレエの芸術監督を務め、イタリアのミラノ・スカラ座バレエも率いていた彼の舞踊演出に期待が寄せられている。ボリショイバレエ団の才能あふれるフレッシュなダンサーたちの進化したステージと圧倒的なテクニックと端正な踊りで飾る出演者に、きっと心を奪われるはずだ。

ボリショイバレエが好きな方はこんなチケットもおすすめ