ボリショイサーカスは、1958年に初来日した世界最大規模のサーカス団である。ロシア語で大きい、偉大な、という意味の「ボリショイ」はロシアの複数のサーカス団が海外公演時に便宜上使っていた名前であり、ロシアではボリショイサーカスという名称は存在しない。ロシアでの名称はロシア連邦サーカス公団という国立のサーカス団である。日本では50年以上公演を行っておりその名は広く知られている。今や1番馴染のあるサーカス団といっても過言ではない。ボリショイサーカスは、約4千人のアーティストやスタッフ、6千頭以上もの動物、そして多数の劇場を持つ世界最大のサーカス団で様々なプログラムの工夫を凝らし、今でも精力的に活動を続けている。

ボリショイサーカスの日程

211人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボリショイサーカスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボリショイサーカスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

ボリショイサーカスについて

ボリショイサーカスの魅力とは

1958年に初来日し、50年以上に渡り公演を続けているサーカス団であるボリショイサーカス。日本では馴染が深く、一番その名前が知れているサーカス団だ。

この「ボリショイ」とはロシア語で大きい、偉大を意味し、ボリショイサーカスは大きい、偉大なサーカスという意味である。
ボリショイサーカスのロシアでの名称はロシア連邦サーカス公団。これはロシア連邦文化省に所属する組織で国立ということになる。海外公演の際は分かりやすく、様々なロシアのサーカス団がこの名を使い始め、それが定着したと言われている。すなわちこの名称はロシアには存在しない。
ボリショイサーカスは、約4千人のアーティストやスタッフ、6千頭以上もの動物、そして多数の劇場を持つ世界最大のサーカス団である。これだけの歴史を持つ世界最大のサーカス団であるが、時代の変化に合わせ、その内容やコンセプトも柔軟に変えている。
新たな試みもおこない、毎年プログラムも変化させ公演をしている。ロシアでは国策でバレエやサーカスなどの育成をしていて人間、動物ともに何世代にも渡り同じ芸をやり磨いている。
動物もサーカスで生まれ、サーカスで育っていく。そうすることにより演技がより自然なものになるのだという。歴史のあるサーカス団ならではのエピソードである。

ボリショイサーカスが好きな方はこんなチケットもおすすめ