「ぼくのおじさん」は1972年に出版された北 杜夫による小説が原作の映画である。小学生の雪男が語る、父の弟にあたるおじさんとの日常を描いた児童文学だ。1974年にはNHKにてテレビドラマ化され放映されている。この「おじさん」を演じるのは松田優作の息子として知られ、大島渚監督の「御法度」で衝撃のデビューを飾った松田龍平。雪男役には度重なる選考を勝ち抜いた子役の大西利空。今作の企画、脚本を担当しているのは松田龍平とこれまで幾どなくタッグを組んでいるプロデューサーの須藤泰司だ。9月17日には浅草公会堂にて「ぼくのおじさん」プレミア上映が開催。オープニングセレモニー後に主演の松田龍平、大西利空が登壇し舞台挨拶が行われる。

ぼくのおじさん 舞台挨拶の日程

36人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ぼくのおじさんの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ぼくのおじさんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 12:00更新)

ぼくのおじさんについて

ぼくのおじさんの魅力とは

1972年に出版された北 杜夫による小説が原作の映画「ぼくのおじさん」。小学生の雪男が語っていく、父の弟であるおじさんとの日常を描いた児童文学だ。1974年にNHKにてテレビドラマ化されたこともある。今回「おじさん」を演じるのは松田優作、松田美由紀夫妻の息子として知られ、1999年に大島渚監督の映画「御法度」で衝撃のデビューを果たした松田龍平であえる。雪男役は度重なるオーディションを勝ち抜いた子役の大西利空がつとめる。
共演は「ホコリと幻想」、「エイプリルフールズ」を始め、数々の映画やドラマに出演する戸次重幸、「デスノート」で映画初出演を飾り、近年は「駆込み女と駆出し男」や「予告犯」で味のある演技を見せる戸田恵梨香。劇団大人計画に所属し、数々の脚本で多数の賞を獲得、幅広い才能で活躍する宮藤官九郎や、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め、若松孝二監督の映画「キャタピラー」ではベルリン国際映画祭 最優秀女優賞など数多くの賞を受賞した寺島 しのぶなども出演し、豪華な顔ぶれとなっている。
監督は「リンダ リンダ リンダ」、「天然コケッコー」、「味園ユニバース」など数々の話題作を連発し、第32回報知映画賞 最優秀監督賞を最年少で受賞、2014年には咲くやこの花賞なども受賞した山下敦弘が抜擢されている。

ぼくのおじさん 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ